<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ロック野郎の身体の使い方

 昨日家人に連れられて、ある日本のバンドのライブコンサートに行きました。いわゆるジャンル分けというのをあえてするなら「プログレ」。家人はその方面が大好きで、学生時代からずっと自分のバンド活動も(最近は不本意ながら細々とですが)続けています。かたや私は、音楽自体はわりと好きですが、何かとくべつ熱中しているジャンルがあるかというとそうでもなく…強いていえば最近は癒し系みたいなのが好きかなあ、とぼんやり思う程度。

 かように夫婦の趣味は全然合っていないのですけれど、昨日はたまたま縁あって(というか券あって、私も動員されることになったのです。

 つまり、私としてはまったく何の期待もプレッシャーもなく。むしろ大音量が苦痛にならなければいいが…という一抹の不安はあったものの、せめて冷房対策だけはしっかりと。とウールのカーディガン持参で行ったわけですが、結果としては、意外に楽しめてしまったのです。それは、申し訳ないけどどの曲もかなり同じように聞こえてしまった音楽の内容に、というよりも、ステージ上で演奏しているメンバー達の身体の使い方を見ることに。

c0023016_14194122.gif ギターにしろ、キーボードにしろ、やはりつまるところは丹田。ギターの人はスピーディーによく動いていたけれど、けして肩に力が入りすぎず軽い身のこなし。キーボード氏は終始、ほんとうに音楽が大好き!と全身で歓びながらの演奏。とくに鍵盤ものは肩胛骨をよくほぐしてあるといいみたいだな、ということもよーくわかりました。

 そして、エレキベース氏がとても印象深かったのです。
 あれは楽器柄なんでしょうか、周囲のジャカジャカした激しい動きとはやや一線を画した落ち着いた風情、どーんと立ったままユラユラしている。だからといって静かに止まっているわけでもなく…体内の気はずっと流れている、とでもいいましょうか。常にしかめ面なギター氏の横で、彼は終始穏やかなニコニコ顔。肩はもちろん肘も自然に落ちていて、5人のメンバーの中で唯一「太極拳が今すぐでもできちゃいそうな人」でした。c0023016_1420106.gif

 私はアレクサンダーテクニックを何度か場所を変えて習いましたが、2度目の場所は音楽学校の一室で、ピアノやフルートや声楽の生徒に混じっての受講でした。一度だけ、それぞれの実技をやりながらのレッスンがありました。ピアノを弾きながら肩や腕や背中を調整されている生徒を見ながら、私はその場でそのピアノ嬢の演奏姿をクロッキー。その私の姿勢も先生が調整する。

 たった1回では「どうするのが正解か」は今イチわからなかったけれど、少なくともそれまでのやり方は違うみたい、ということはわかり、ピアノ嬢共々ちょっと途方にくれました。あれから何年もたち、今はこうしてジャンルを関係なく観察したり、感じたりできるようになったのはとても面白いことだと思います。

 そうそう。どんな種類の音楽でも、聞いてて呼吸が深くできるようなものは何でもいいらしい、ということも、昨日はたと気づいたイイことでした。
[PR]
by dayathefrog | 2005-06-28 05:00 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(4)

着心地

 外反母趾物語でさんざん「足にあった靴を」などと書いていますが、ほんとうは靴だけでなく、ふだん使うものすべてが「身体にあったもの」であってほしいです。たとえば椅子、枕。それからカバンや服。

 Mサイズなので服は一応、なんでもそれなりに標準サイズははまります。でもときどき、サイズはぴったりでも、いわゆる"着心地のわるい物"が存在します。

 微妙に肩が凝るTシャツ、微妙に腰が堅くなりやすいパンツ、微妙にまた着たくはならない服。買うときはデザインや色かたちを気に入って、たいていの場合試着もしてから買うわけなのに。なんかもったいないのです。そう、このもったいないの気持ちがゆえに、着心地のわるさをなんとかなだめつつしばらくは着てみるものの…気が付くとまた着ていない。

c0023016_320552.gif

 私が単にわがままなのか?とも思うこともありました。すぐ飽きちゃうとか。
 いやいや、私はそんなに飽きっぽい人間ではありません。

 最近思うのは、私の足もとの関節が崩れやすい(=外反母趾の原因でもある)ということは、身体中の関節のタイプは同じようなもののはずなので、肩の関節とか、股関節のタイプもガクンと来やすいらしい。とゆうことは、ちょっとの締め付けの力ですぐ肩も凝れば腰にも来る。そういうサイズ以外の身体の条件というのも着心地を左右する、ということです。筋力とかも、そうですね。

 それから、靴にしろ服にしろ、大きいところではにしろ、買い物をするときにいろいろ参考にしたい売る人のことばって、ついつい鵜呑みにしてしまうことありますよね。「お似合いですよ」とか「お目がたかい!」とか。

 必要以上に懐疑的になる必要もないけれど、彼らにとっては私の関節の性質など、はっきりいって知ったこっちゃない。これに乗せられてあとで辛い(というほどではなくても「もったいない」とかの)思いをするのは売る人ではなくて自分。せいぜい気をつけつつ、買い物ひとつにももっと身体の声をよく聴いてっていうのは鉄則だなっ。と反省の念を込めつつ静かに思う今日この頃です。
[PR]
by dayathefrog | 2005-06-22 03:29 | Comments(2)

中年ミソっかす、ウーシュウ(武術)にリベンジチャレンジ

 今月に入ってから、太極導引教室と同じ場所で中国武術教室も始まりました。
c0023016_163675.gif
 まだ始まったばかりのこのクラスでは、いわゆる武術の初歩中の初歩、準備運動と手の型・足の型を繰り返しています。準備運動のやり方もすぐに忘れてしまうボケボケ状態ですが、先生は非常に辛抱強く教えてくださいます。先生のもとで太極導引を続けて来ての心身への効用にはワタクシ絶大なる信頼を寄せておりますので、今のこのアヒル(小ガモ?)状態の武術もきっと、ごく微量ずつではあってもそれなりの進展が見られるであろうことをすでに感じています。

 ふた昔ちょっとも前のギックリ少林寺拳法事件以来、傷めた腰の辺りと共にずっとココロの中でもくすぶっていた何かが、この中年まっただ中の今にしてようやく解放されるチャンス。そう、あの昔のギックリ事件で中断されたのは肉体的活動部分だけではなかったのです。

c0023016_1624867.gif 少林寺拳法ではべつに大会で好成績を上げるとかそんなレベルでもなんでもなく、かなりな弱小クラブのその中でもミソっかすな存在でした。私が小柄な女子同士で組みになって(本人としては)必死にビシバシ練習しているのを、端の頑丈な男子からは「なんか紙相撲みたいだね」と目を細められていたように。それでも自分としては一生懸命だったし、これをどこまで頑張れるか、とても楽しみだったんです。

 あの頃武道場の横の林で練習していた太極拳部に参加していれば、ギックリになることもなかったのかも?という考えもよぎらないでもないけれど、当時の私にとって太極拳はいかにも渋すぎな存在だったし、そうでなくてもきっとどこか他で似たような出来事に遭遇していたでしょう。ギックリ事件がもしかしたら、当時自覚していたよりじつはけっこう深いココロの傷にもなっていたのかな、と思うようになったのはつい最近のことだけど、そのおかげで豊かになれた部分も確かにあります。当時の何倍も今は自分をいたわりつつ、どこまでやれるか中年ウーシュウ!?
[PR]
by dayathefrog | 2005-06-18 15:59 | 太極導引・中国武術 | Comments(2)

ノーネクタイ・ノージャケット 大賛成

 東京地方ももう梅雨に入ったとか。日本ならではのジメジメがふんだんに味わえる季節となりました。ずっと東京近辺で暮らしていた頃にはあまりわからなかったけど、外地(NY)での生活を経験して初めて、東京って一年中かなり湿度が高いんだってことを思い知りました(まあ高い低いは比較の問題だけど…)。

 そこで今度は不思議に思うことが。

 こんな高湿度の国なのに、
 なぜに欧米と同じような背広にネクタイ姿で暑そ〜にしてる人がウヨウヨ?
 


 たった4年の間ではありましたが、私はいちおう会社勤めもしておりました。比較的女子の多い職場だったこともあって、あまり冷房キンキンではなかったほうかもしれませんが、生来の冷房苦手性な私にとっては十分試練な状況でした。それより恐ろしかったのは冷蔵庫のような電車の冷房。夏でも薄手ウールのカーディガンなど羽織り、それでも頭痛がするほど凍えつつ、こう思う人も多かったはず…

 こんなにガンガン冷房かけるくらいなら
 背広・ネクタイ武装のおじさま方が
 少し鎧をお脱ぎになればよろしいのでは?



 今年はそんなわけで、ようやくこのあたりまえの疑問に対するあたりまえの回答が提示されたことを、まだ信用ならないながらも少しだけ嬉しく思ったりしています。
c0023016_0533155.gif
 
 連日のニュースやら国会中継などでは、早速"シャツ"姿の総理やら官房長官殿のお姿が見られるようになりました。そうそう、こうやって、たとえ素敵さはまだ今イチだとしても、マスメディアを通して"だいじょうぶ、シャツおじさんでも公式って認められるから"というイメージを浸透させてもらえるとありがたい。
 ただし、そのためにはメディアに登場するのは「ああなりたい!」と思わせられるような素敵なシャツ姿でないとね。昨晩テレビに映った某政治家を見ながら、比較的(いや、かなりか?)服装には無頓着な家人ですら、そう言っていました。
[PR]
by dayathefrog | 2005-06-11 00:58 | Comments(8)

歯みがきのこと

 最近行くようになった千駄ヶ谷の東京体育館で、先週「第62回児童歯みがき大会」というのがあったようです。あ、6月4日=ムシバの日かっ! 関係サイトによると、学校単位で参加申し込みをした全部で2000名もの児童(小学生)が集まって、アトラクションも交えながらみんなで楽しく正しい歯みがきを覚えよう!というものらしい。
 体育館ほどのでっかいところに子供ばかりがワイワイ2000人も集まって、あのしちめんどくさい歯みがきプロセスをちゃんと覚える気持ちになれるかどうかは謎ですが、まあ普段とはちょっと違った遠足気分のついでに歯みがきって楽しいじゃん!というイメージをつい持っちゃう可能性はあるかもね。

 歯みがきイメージといえば思い出すのが
 映画『エバー・スマイル・ニュージャージー』(1989・ダニエル・デイ・ルイス主演
 公開時に一度見たきりなのであやしい記憶ですが、正しい歯みがき普及の使命感に燃えた歯科医だったか歯ブラシのセールスマンだったかの物語でした。舞台はなんとパタゴニア。それでなくても異文化な土地で、なかなか周囲の理解を得られない歯みがき布教活動にえらい苦労する、というイメージのお話。

 この映画を観た当時の私には"歯みがきごとき"にこんなに燃える気持ちはさっぱりわからず「ダニエル・デイ・ルイスってやっぱり変な人が上手だなあ〜」くらいにしか思っていなかった。しかし今は違います。

c0023016_222384.gif

 数年前に歯肉炎(歯槽膿漏一歩手前)になった折り、私の歯みがきの概念が全く違っていたことに気づかされました。このまま従来のようにてきとーな歯みがきをしていると歯が次々グラグラになり、遠からず総入れ歯。まあそれは仕方ないかと思っていたけど、そうなるとご飯が自前の歯より美味しく食べられなくなるらしいという話を小耳にはさんだ時、初めてリアルな恐怖を感じたのです。

 もともと食べることが大好き、グルメではないけど食いしん坊の自覚は十分にある私にとって、これは一大事。明るい老後も美味しい食べ物あってこそ。やはり歯はちゃんと磨かねば。
 ここへ来てやっと、私にも正しい歯みがきの必要性が伝導されたわけでした。
 
 ところで正しい歯の磨き方というものも、時代によってずいぶん変化(進化?)しているようですね。昔"ローリング"というのが良いと言われたこともあるし、ブラシは歯茎に垂直に当てて振動させる、とかいうのもありました。そしてどうやら今のトレンドは"隅々まで丁寧にお掃除"感覚ということかなと私は解釈しています。しかもその掃除すべき所はかなり複雑な形をしているので、プロセスが大変。どうやっても時間がかかります。

c0023016_2223156.gif

 「歯みがき」で検索してみたところ、2番目に出てきた「歯みがき実践講座」というのでは私が最近教わった複雑なお掃除方式の詳しい図解に一生懸命トライしていますし、なんと3番目は♪「歯みがきサンバ」♪だって。うーむ。みなさんかなり使命感に燃えていますねえ。
[PR]
by dayathefrog | 2005-06-05 22:05 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(10)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

紅葉シリーズ
at 2017-11-07 23:17
いつもの、ここ
at 2017-11-03 02:42
路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧