<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

太極導引を始めてから変わってきたこと4・きもちのもんだい

 じつは太極導引を習い始めてもしばらくは、太極拳との違いをまったく考えずにやっていました。ただ「超スローなペースでの太極拳ならば、きっと私みたいな虚弱系にはいいに違いない」という点でピンと来たことが、そもそもここで習ってみようと思ったきっかけ。そして、その勘は当たっていたようです。


●もっと力を抜いてください
●ムリをしないでください
●できる範囲でいいです


 以上、太極導引の先生から練習中何度となく言われることばです。

 はいはい、力を抜く、ね。とやってみたつもりでも、もっとです、ということがまた何度となく。力抜きました。と思っても、まだまだ抜けるものなんだという経験が積み重ねられます。「力を抜く」というのの代表的な場所は肩や首辺りなのですが、細かく(意識で)見ていくと上半身だけでも、脇だったり、肘だったり、手首やてのひらですら、力が入っているのがわかる時があります。

 ムリをしない、というのでも同じ。自分としては最初からムリをしている自覚などありません。が、ほんのちょっと、もう少しひねれるかなあ?とか、もう少し上げられるかなあ?などという気持ちが湧いた瞬間、身体のどこかがムリをするみたい。そんな時には筋肉の使われ方がちゃんとムリバージョンになるので、見た目にもムリがわかるし、自分のなかでもピキッと力みが走ります。

 できる範囲でいいだなんて、いいのかなあほんとに。なんか楽しちゃってるみたいで…と、どうも昔から、できる範囲から少し(またはたくさん)先へ伸ばさないとダメなんじゃないか?と思ってしまうクセがあるようで。
c0023016_2050111.gif


 できる範囲じゃダメな気がするのでちょっとムリをする。
 すると、ムリがかかった部分に力が入る。
 その力を抜こうとすると、無意識に近い部分で「多少のムリはしなくてはいけない」とすら思っていた気持ちにたどりつく。

 身体の動かし方で言われるアドバイスは、きもちの持ちようにもそのまま同じ言葉で当てはまってしまうことが多いです。

 ムリの原因がきもちだけでなく、身体の弱点(長い付き合いの外反母趾とか)であることもあります。これについても、弱い部分を突き止めて吊し上げて鍛え上げて…という私の従来のアプローチではなく、力を抜いて抜いて柔らかくなった状態で突き止められると、同じコトがこうも違って見えるものかと思うほど、弱いなりに必死に働いてきた筋肉たちが愛おしく思えるようになってしまいました。


 もしも私が、身体を自由に操れるバリバリアスリートだったら…
 もしも私が、まったく疲れも悩みも知らぬパワフルミドルエイジフィーメイルだったら…太極導引をやることはなかっただろうなあ。


 というわけで一応、10月11月は太極導引教室でいつもよりちょっとお得なキャンペーン中です。元気ない人も、元気ないわけじゃない人も、ちょっとやってみようかなと思ったらぜひお試しを。達磨キュアハウス 太極導引教室

[PR]
by dayathefrog | 2005-09-25 20:53 | 太極導引・中国武術 | Comments(0)

太極導引をはじめてから変わってきたこと3・外反母趾改善

●スローであること

 とても誤解を恐れながら言いますが、太極導引の練習は「スロー再生で太極拳をやる芸」のようでもあります。ほんとうにスロー再生のように見えるためには、じつはとってもたくさんの筋肉たちが、とっても効率よく連係プレーをできないと、あのようになめらかに動けない。

 なめらかに動くための練習をしているうちに、普段のスピードでは使われないまま眠っていた数々の筋肉が呼び覚まされ、一致協力の全員野球のような身体が自然にできていく。

 同時に、これまで自分の身体のなかで、いかに主力選手(と勝手に決められてしまったような筋肉たち)だけが働いてきていたのか、また、それによって当然起きていたのであろう、その主力筋肉たちの疲労症状の数々を思い起こし、ビックリすることが多いんです。


●外反母趾について

 足というこんなに小さいスペースの中に、小さい骨がたくさんと、そのまわりに小さい筋肉がたくさん。まるで東京23区内のように詰まっています。外反母趾は、この小さい筋肉たちで支えられてアーチを形作っている骨の構造が、外や上からの何らかの圧力によって崩れてしまうことによって起こります。

 小さい足の中でも、つねにレギュラー出場の筋肉と、万年補欠でベンチにも入れない筋肉とができていて、おまけに外反母趾になってしまった場合は、拇指(足の親指)を起点としたアーチを支える筋肉という超主力選手が大ケガで出られなくなっているチームと同じです。

 この構造不良を治すためにすべきことは…

 正しい構造(足の骨格)を理解すること。
 構成要員(筋肉の存在)を確認すること。
 そしてそれから、弱っている部分を強化すること。


 太極導引をやる際に、こういった解剖学のような講義があるわけではありません。折りにふれ、骨盤の向きはこう、とか、肩胛骨がこう、みたいな話は出ますけれど、たいがいの場合、これらのことを「動きながらの感覚」(意識)で理解するようになったみたいです。


●動きながらの発見

 太極拳の動きとして昔から存在しているもの。昔からあるってことは、人間であればできるはず。なのに、自分は全然できない。なぜ? 
 まず経験不足、筋力不足でできない、ということもあります。でも、身体の使い方からしてどこか違う。力が入りすぎていたり、「まわす」箇所が違ったり、「まわそう」としてもできない…そんな時はたいてい、使えていない筋肉があったりするんです。

「意識を巡らせながらの動きの練習」であることが、より細かい筋肉発見(発掘といってもいいかも…)につながっていて、これまでの私の無謀な挑戦(インド舞踊とか…)や散発的な筋トレでは補い切れなかった動作の改善に役立っているのではないかと思います。


 このあたり、いったい実際の練習内容の感覚は?という点は、教室の級長yuehuaさんがとっても丁寧に書いていますので、ぜひご参照ください。
[PR]
by dayathefrog | 2005-09-23 18:08 | 太極導引・中国武術 | Comments(0)

太極導引をはじめてから変わってきたこと2・足関係

太極導引をやっていて具体的に現れた効果を、
まずは足を中心に書いてみます。


●五本指靴下を片足立ちのままで履けるようになった。
今これを読んで「え?ムリムリ!」「五本指なんて履かないもーん」などと反応した人。
今のうちにできといたほうがいいですよ〜。

●足の指でスリッパをつまんで運べるようになった。
ジャンケンはもちろんのこと。
足裏や足指のこまかい筋肉が動かせるようになったらしい。
(つまり、動かせなくなっていた筋肉がたくさんいた、ということ)


c0023016_09670.gif
…どうでもいい人にはどうでもいいことでしょう。でもね。
じつはこれ、身体の基本的機能としてはかなり重要かつ高度なことといって良いんじゃないかと思うんですよ。
続けて以下のような点も。


●足首の柔軟性が増した(ものすごく固かったんです)。と同時に、足元の冷えも少し軽くなったみたい。足首が柔らかくなると、日常生活でも「できる動作」が増えるみたいです。ちょっと先の話になりますが、健康なシルバーエイジのための必須条件・転倒防止の効果的対策でもあるのですよん。

●私の生涯にわたる一大問題、外反母趾諸症状の軽減。
外反母趾は足元だけの問題と思うなかれ。じつは膝や腰の痛み、そして肩こり、ひいては頭痛まで引き起こす原因となるんです。これはシルバーもヤングも関係なしです。
痛みが全身にわたるのと同じく、これを治すっていうのもまた足元だけの問題ではない!というのが、医学はまったく素人なれどボッシーの悩みに関してはプロ(?)と言ってもいいくらいのワタクシの持論です。
足裏、足首、膝、股関節、それから骨盤を通じて胴体から上も繋がってます。足元のガクガク・足元の歪みが、首まで繋がった歪みになるってことは、ゆってみればアタリマエなんです。
ではなぜボッシーに太極導引がよかったか?という説明をしたいのですが、それについて語るとまた長くなってしまうので以下は次号で!<<予習として、できれば教室の級長yuehuaさんのブログもぜひ。実際の練習内容の感覚は?というような点が、とても丁寧に書かれていますよ〜>>

[PR]
by dayathefrog | 2005-09-19 23:57 | 太極導引・中国武術 | Comments(4)

太極導引をはじめてから変わってきたこと

太極導引を体験してみませんか?
このたび太極導引教室で10・11月限定キャンペーンをするそうです。
達磨キュアハウス 太極導引教室


というわけで先日来ちょこちょこと書いていますが、このキャンペーンを迎えるにあたり私のなかでも太極導引キャンペーンということで、私がこれまで2年半のあいだ太極導引をやって、ここがこんなふうに変わったなあということを具体的に、小出しにちょっとずつ、書いてみようと思います。


 その前に、太極導引とはどういうことをやるのかというのを少し。
深い説明はyuehuaさんのブログ松静自然 -太極導引が教えてくれるもの-を参照のこと)

 私たちの教室で練習しているのは、ゆっくりした呼吸にあわせ、身体中のムダな力をとりのぞき、太極拳の動き(套路/とうろ)をしながら心身のバランス調整をし、気血の流れをよくする健康養生法。武術である太極拳を練習する基本の身体作りなどのための、訓練法としての使われかたもあるようです。

 見た目はほとんど太極拳の練習と変わらないのですが、通常の太極拳よりも、動作をゆっくりめに練習します。また、最初から動作のなかでの呼吸に重点を置くということも、通常の太極拳の練習よりは強調されているかもしれません。
c0023016_4383392.gif

 以上の点は、私自身が過去に何度か太極拳を習った経験から比較しています。あわせて3回くらい、べつべつの時期に、べつべつのところで、べつべつの先生から習ったのですが、そのどれもがそれぞれ微妙に(だったり、けっこう歴然と)違っているので…いったいどれが「ホントの太極拳」か、またはどれもホントだったのか否かもわかりません。ただ言えることは、今習っている太極導引が、私の健康のためという点ではいちばんよく効いているってことです。

こまかく数ある私の虚弱系身体症状のなかで代表的な「外反母趾/腰痛」という、これまでどうしても良くならなかった2つの問題がこの2年半でメキメキと解決方向に進んでいます。今が私の歴史上まれにみる身体好景気。とはいえ、すでに人生折り返し点を過ぎ…。もっと早くめぐりあってればよかったけど、今より遅くはなくてよかったと思おう。


 
 というわけで、まずはここまで。
 次回からちょこっとずつ、具体的にあらわれた効果についてお話します。

[PR]
by dayathefrog | 2005-09-16 01:28 | 太極導引・中国武術 | Comments(2)

太極導引教室、体験してみませんか?

 太極導引を習っている達磨キュアハウスで、10月・11月だけの、いつもよりお得なキャンペーンがあります。
c0023016_20343241.gif

 通常は「基本科」と「専科」とわかれていて、まず何ヶ月かは動きや呼吸の基本を繰り返してから、専科で太極拳の套路(いわゆる「24式」とかいろいろ)を覚えていきます。が、このキャンペーン中には通常90分の練習時間を120分に延長。毎回、前半で基本・後半で套路の練習をするということ。基礎と同時に套路も学べるこのチャンス、初心者でも、これまでいろいろやっている人でも、太極導引を体験してみたいという人にはぴったりだと思います。

 タクサンyuehuaさんのブログでも紹介されていますので、達磨キュアハウスのHPともども参照なさってください。

 練習できもちよい汗を流したあとは、毎回おいしい暖かい中国茶がいただけますよ〜
c0023016_20352136.gif

[PR]
by dayathefrog | 2005-09-09 20:36 | 太極導引・中国武術 | Comments(0)

外反母趾物語12・うわばき、そとばき

"外反母趾と戦う靴職人"の友樹さんが書かれた「靴を履くときに」から:


靴を履くときに
「とんとん」して履きなさい。
の「とんとん」は、つま先をとんとん、ではなくて、踵をとんとん。

靴のかかとと、足のかかとの間に隙間をあけない事が必要です。

c0023016_1273846.gif



 つま先とんとんは自分でも無意識によくやっていたっけなあ、と子供時代を思い出しました。もちろん、外反母趾を自覚し出してからは、そんなふうに履けてしまう靴=すぐ脱げる靴=足が痛くなって歩き方がおかしくなる靴、という因果関係が身に染みてわかったので、それはなくなりましたが…

 子供時代の履き物文化は、かなり重要なものだと思います。
 でも私の子供時代の履き物環境は、かなり危ういものでした。

c0023016_1293850.gif まず、学校指定のうわばきというもの。
 調節ができないゴムのベルト一本で甲を抑えるだけの上履きでは、靴のなかで甲が薄くて前にすべっていってしまう。おまけにすぐに足が成長するわけだから、すこし大きめのサイズを用意して、できるだけ買い換えの回数を減らしたくなる…

 まあ、なにかと物要りなこの時期、各ご家庭で誰しも考えることなんだけど。
 ただし私のようなガリガリの痩せ足の場合、縦のサイズは届いても、足の胴回りその他ボリューム的にはつねに「うわばきはブカブカ」でした。履く靴がほとんどそういう状態なので、私にとって靴とはそれくらいブカブカしたものという感覚が根付いたと思います。

c0023016_12103631.gif それからそとばき
 家と学校を往復する通学靴であると同時に、帰りにそのままどこかで遊んだり、一度帰宅してからまた家の近くで駆け回る時にも履いていた靴。かなり長時間着用であり、そして、靴としてはそうとうな重労働を強いられていたはずです。

 これこそ、足にほんとうにフィットしている必要性が高いにもかかわらず、
 休み時間突入と同時に一刻を争うようにして上履きから履き替え、ギリギリまで遊んだ後に一刻を争うようにして脱いで上履きに履き替えるというのが通常の履き方だったため、少しでも履きやすく、少しでも脱ぎやすい、履いている最中はスパスパ脱げてさえしまわなければよしとする、みたいな存在になっていたかもしれません。

 こうして考えてみると、ボッシー的骨格を持って生まれた子供にとって、危険の要素はあまりにも山盛り!でした。

 
 ●決められた靴(うわばき)しか履けない。
 ●洋服と同じですぐちょうどよくなるんだから、多少のブカブカもやむなしとする。
 ●急いで脱ぎ履きすることを優先させたくなる、子供にとっての社会環境。



c0023016_12115788.gif 外で遊んだり走ったりしているうちに「なんか変だな」と、とくに左足に違和感を感じ始めたのは10歳前後の頃でした。今思うと、あれなら裸足でいたほうがましだったかも。
(もっともそうなれば足裏は傷だらけ!)
[PR]
by dayathefrog | 2005-09-06 12:14 | 外反母趾物語 | Comments(10)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

紅葉シリーズ
at 2017-11-07 23:17
いつもの、ここ
at 2017-11-03 02:42
路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧