<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トリノオリンピック・オリエンタルビューティーの巻

気まぐれフィギュアファン。
この度は、いつものような「夜中まで粘って翌日遅起き」パターンではなく
「うんと早寝して早めに起床」という快挙を成し遂げました!!
といっても、フィギュアの男子と女子の日だけでしたけれど。

自国のメダルがゼロ個だろうがなんだろうが、それはちっとも構わない。
でも、荒川静香さんがとてもきれいな演技で一位になったことが、嬉しいです。
村主さんの繊細で可憐な持ち味も大好きだけど、
今回はそれがあまり生かされなかったようで、ちょっと残念。
ミキティさんは、とにかく「これからのひと」という感じ。
技術や運動能力というもののほかに、振り付け・衣装・髪型等を含めた
"持ち味発揮"というのも大切な要素だなあと痛感します。

c0023016_21293789.jpg

荒川さん
音楽がいかにも歌い上げのイタリア歌曲
「トゥーランドット」というのも効果抜群、
そしてその歌い上げにぴったりな、
伸びやかな演技。
生中継で見ていて、朝っぱらから涙が出ました。
彼女の滑りを見て涙が出たのは、2度めです。
日本人でもフィギュアでここまで
しっとりした美しさが出せるんだ、
という意味で、なんだか感動もですが
勇気づけられてしまうって感じもあるのです。

インタビューで「メダルがとれるとは本当に思っていなかった」と言ってましたが
そんなはずはないだろう、と言いたいような結果。とはいえ、
それは実はかなりホントのことだろう、と私は思いました。
そういう欲のなさ、ある種の開き直りが、いいほうに作用したんでしょう。

もうちょっと正確にいうなら
「そういうふうな気持ちで臨む」という気持ちのコントロールがしっかりできた、
ということでしょう。

安定感がダントツでした。
指の先に至るまで、動きながらの身体のラインがとても美しかった。
生まれ持ったプロポーションもあるけれど、あれだけなめらかな動きをするためには
もともとの柔軟性のほかに
身体中の細部に至るまでの筋肉がとてもいい状態で動かせていないとね。

c0023016_21295254.jpg
太極拳でつねに実感することですが、
あの柔らかさは、ムダな力が抜けている状態。
そうやって動いている時の安定感は、
下半身がしっかり支えているうえでのこと。
もともと柔軟性は飛び抜けているのだろうけど、
つくづく
すばらしい「足」(足裏・足指のグリップ力)を
お持ちなんだろうなあと思った私は
やっぱり足オタッキーか。

みんなの足、見てみたいなあ。
[PR]
by dayathefrog | 2006-02-24 21:33 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(2)

整体治療開始

 最近、うまれてはじめて整体というものを受けています。

 この3年間、ストレッチや太極導引に継続的に取り組んできました。中年まっさかりにして、今までのなかで一番からだも柔軟になり、かつ、ヒヨヒヨ弱かった部分の筋力もなんとか(まだまだ"並"以下ではありそうですが)取り戻してきました。あんなにしつこかった腰痛のひどいのにもならなくなった。

 そこへもってきてもなお、頸のある部分がいつもバキバキ、コリコリ。ほんとうに判で押したように、「その部分」ていうポイントがある。左の肩甲骨も変にガクガク。これはきっと、なにか歪み的な原因があるんではなかろうか?…と推察、その辺りを診てもらえる治療を受けてみたいと思っていたのでした。まだ3回施術を受けただけですが、骨盤のゆがみ(というか緩み?)の矯正を中心に、長年つちかわれてきたらしい身体じゅうのひずみが徐々に治されていく予感がすでにあります。

 また、施術されたことをきっかけにしつつ、あとは自分自身での生活のなかでの姿勢に対する意識が、その後の勝敗(…勝ち負けか!?)を決するのだなと、かなり本気で思います。もちろんその前にプロによる的確な施術があってこそなわけですが、その上で「自分でも治すのだ!」という意識…とでもいうんだろうか…。そんな気持ちがこの度はとても自然に盛り上がっており、先生もさぞやうるさかろう、というほどの質問攻めの患者になっております。なのに嬉々として熱心な説明を展開してくださるという点で、なんか相性いいかもしれません。
c0023016_1832818.gif

 具体的な治療内容など、まだここに書けるほど自分でも把握していないのと、書けたとしてもそのほとんどが「・・・なんじゃないかと思われる、けど、ホントにどうかは、まだホントにわかんない」みたいなことになりそうなので、そのあたりはまたいずれ!
[PR]
by dayathefrog | 2006-02-19 18:04 | 体操・ストレッチ | Comments(4)

冬季オリンピック・フィギュアスケート男子の生中継を観た

 先日参加した太極拳交流会での緊張など「へ」でもないであろうプレッシャーのなか、くるくるとまわったり跳んだり…しかも、転んだら痛いだけでなくあんなに冷た〜い氷の上で。キュートな笑顔の、なんだか小さい(小さくないのかな?)男の子たちだけど、すごい精神力なんだろうなあ。…などなど、ちょっとオバサン入りながらの今朝の私。

 つい先日の、なごやかでささやかな区民交流会という場ではあったけれど、それなりに「緊張とのつきあいかた」なんかもプチ研究した身としては、なんだか自分の経験も重ね合わせたくなってしまいます。(むろん比較にならないのはわかってますが!)

 でも、昔からわけもなく大好きなのです、フィギュアスケート。
c0023016_134381.gif

 古くはジャネット・リン。あまりに好きで、私もスケートを始めました、というのは当時すでに外反母趾だった私にはあり得なく、でもやっぱり好きだったので、図工の時間に彼女をモチーフに色紙モザイクの作品をつくりました。当時の私には、あんな笑顔の裏側で、じつは強靱な筋肉をじょうずに働かせているからああいうことができていたんだなんてことは、ちっともわかっていませんでした。とにかく柔らかそうで、きれいで、転んでも楽しそうでした。

 旧ソ連のペアで、ロドニナ・ザイツェフ組という人達もいました。鉄のカーテン時代ではありましたが、それこそ鉄のような意志で練習を積んでいたのか、演技の途中で音楽が切れるというアクシデントがあったにも拘わらず、最後まで二人は一糸乱れることなくぴったり揃った演技を続け、しかも、予定時間に寸分狂わず終了!ということもありましたっけ。先日の太極拳交流会では、私たちのグループ表演途中に音楽が切れてしまうという同じようなことが起こりましたが、後になって、ちらっとこのペアのことが頭をよぎりました。これまた比較にならないのは重々わかっておりますが。

c0023016_1341886.gif

 毎度毎度思うことですが、オリンピック報道は「メダル」にとても執着してしまうようですね。それが視聴者全体の最大公約数的な興味の的だからか、それとも、報道している人達自身があまりそれ以外の要素に目が向かないだけか…。

 導引教室仲間のタクサンも先日少し触れていましたが、アナウンサーや解説の方々の言葉によって、観る側(私)の心理も影響を受けちゃいます。たとえテレビの前で私が動揺したところで結果に変わりはないわけだけど、でもできれば、ハラハラしながらでもどの選手のことも前向きに見守りつつ応援したい、というふうに思うんだけどな。残念ながら、メダルの可能性のこととか、自国の選手のことばかり中心に考えているようなコメントなどで、ちょっとうんざりしてしまう中継があることも確か。いまさら"真のアマチュアリズム"は幻想だとしても、「自国のメダル」ではなく、参加している選手みんなのパフォーマンスを「リスペクト」(!)する姿勢でもっての中継をお願いしたいものですら。
[PR]
by dayathefrog | 2006-02-17 13:06 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(6)

太極拳交流会・緊張とのつきあいかた

 太極導引教室で年に一度の参加をしている太極拳交流会が終了しました。

 前回書いた「緊張について」に教室仲間のyuehuaさん・タクサンからの貴重なコメントをいただき、どうやらそれが自分のなかでの心の準備としてとてもいいほうに作用してくれたようで…広い体育館の真ん中、周囲で見ている人が大勢いるなかでの表演という状況下で、うまいぐあいに「緊張とリラックス」が融合(というか交流というか結合)されたようでした。

 ひとことでいうと、緊張で固まることなく、自分としてはよく動くことができた。
 もうこれだけで、上出来な出来事なのであります。

 去年、身体の芯のコチコチした感じが全く解けないままに終わってしまい、不完全燃焼きわまりなかった個人表演。「緊張で身体が固まってしまってたな」という反省をしましたが、じつはそこで解決すべきはまず「身体というよりきもちの問題」だったという課題において、今年はまずまずクリアできたのだと思います。

 今回もこの「場」においての緊張感はなかったわけではなく、確かにありました。が、上でも書いた諸先輩方からのコメントのやりとりなどを経て、自分でも不思議なほど去年とは違った方向へ「緊張」を持っていくことができたみたいです。yuehuaさん・タクサン、感謝。そして教室メンバーや応援に来てくださった方々、アンド、もちろん先生。謝謝です。
c0023016_2575020.gif

 思えば私の過去の人生、何においてもけっこう「成功イメージ」を描くのがヘタで。
 といって、失敗イメージが強い人間かというとそれほどそうでもないので、まあ、ハンパなヤツといえばそれまでなんですが…どちらかというと成功よりは失敗寄りに考えておくようにして、実際失敗した時のダメージを減らそうとするタイプ。ってことだったかな。(嗚呼セコイなー)

 なもんで、思いっきり「意外なことに」成功できたときには嬉しかったけれど、きっと統計的には、どっちかというと失敗?みたいなことのほうが多くなってたんじゃないかと思う。ま、これもきもちの問題でしょうけれど。

 でも、失敗も実はそんなに怖いものでもなくて、むしろ多くを学べるチャンス。
 そんなことが、この歳になって、ようやく、いいかげん、数々の不完全燃焼体験もへて、アタマでだけでなくわかるようになってきたところ。そんなことを言いながらもまた繰り返してしまうかもですが…じょじょ・じょじょに、うまく行くも行かないもイーブンなイメージで臨めるように。

c0023016_258813.gif まったり、
 ぐるぐる(=らせん=気が楽になるお話参照)
 そーん(=「松」中国語で"リラックス"の意)
[PR]
by dayathefrog | 2006-02-08 00:23 | 太極導引・中国武術 | Comments(8)

2006年交流会直前・緊張について

 こんどの日曜日には、太極導引教室で年に一度参加している区の武術太極拳交流会というのがあります。教室自体ができてからまだ5年目と若いのでありますが、私はそこに参加しはじめてもうすぐ3年。交流会に参加するのも3回目です。

 太極導引をはじめてからいろいろといいほうに心身の変化がありましたが、そのうちの一つに「おだやかになった」というのがあるかなと思います。前からそんなに「激しい」とか「凶暴」ということはなかったのです(と思います)が、もう少しいろんな場面で緊張しやすい人間だったんじゃないかと思うのです。

 身体を芯からゆるめて、ムダな力を使わずに動く。動かずに、そこにただいるだけのときも同様。ということを、ずっと練習して、少しずつできるようになってきて、同時に気持ちのほうにも変化が起こってきているのを感じるわけです。

 身体がゆるまると、気持ちもゆるまる。
 緊張しているつもりはなかった時でも、ゆるめて"気持ちよく"なってみると、「あれ、緊張してた?」とわかったりする。そうなると、気持ちの緊張で身体のほうがこわばるってことがアリなのがよくわかる。

 それともうひとつ。
 最近思うようになったのは、緊張するのも当然といえば当然だということ。緊張そのものを消してしまおうとしてそこにいる<緊張>とガチンコ対決するのは、ただ緊張だけしているのの何倍も疲れちゃうだろうしな。というわけで、てきとーに流して、緊張ともなんとか仲良く…とは言わないまでも、せめて敵対関係にならないって程度のスタンスをとろうと。(ヘビは苦手ですが)
c0023016_22301393.gif

 緊張するなんて、なにか「あってはいけないコト」みたいに前は思っていた。怖いものがあるとか、苦手な人がいるとか。そういうネガティブな気持ち一切を、持っちゃいかん!と考える理想主義的な自分が生息していた時代があったような。メソメソして泣くことすら「禁止」していたこともあった。もちろん無意識的にですけどね、こんな戒律きめたわけでなくて。

 まーほんとに、それはちょっと自分にとっては「頑張り甲斐はあるけど疲れる時代」だったと思います。身体もそんな調子で、腰痛という悲鳴を発していたのかもしれない。
c0023016_22303122.gif

 そんなわけで、やっぱり人前で太極拳(のようなもの)を披露するという緊張はあるのですが、その緊張感を、前よりイヤではないものに感じられるようになったということだけでも、ちょっと良かったなと思っています。あと3日!
[PR]
by dayathefrog | 2006-02-02 22:32 | 太極導引・中国武術 | Comments(6)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51
道端の風景
at 2017-07-14 11:35
高温だけど爽やかな日々
at 2017-06-07 03:26

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧