<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

外反母趾物語32・草履制作レポート(2)

●No.2・シーツ草履(1)

土台の材料はシーツだったブロードの布。
色が気に入って買ったもののシーツとしてはイマイチ生地が丈夫すぎ、私としては使い勝手がよくなかったため、あまり出番もないまま何年も経っていました。これだけの生地量があれば、足りなくなる心配もないし、おそろいで何足もできるかもしれず。

前作No.1(ぺなぺなのパジャマ草履)では準備もそこそこに始めてしまってあとでいろいろと反省点が出たこともあるし、この際この豊富な生地を存分に活用したらいいのではと登板。

c0023016_2154427.jpg
また前作では、裂いたままをいきなり織り込んだ際に出てきたホツレが気になったので、前もって(これがかなり面倒と思えば面倒なのですが)きちんとアイロンをかけて四つ折りに。



鼻緒と前緒にはNo.1でも使った、うっすらとポリエステル綿のシートがうらにキルトされている綿の生地。もうずいぶん昔、学校の「市販の生地の柄をコピーして描く」という実技課題の時に買ったおぼえがあるもの。作業がのろいので大変だったなあ、シメキリ間際のある夜中にゴキが出てたので追いつめたら、頭の真上の天井にヤツが止まったまま動かなくなってしまい、困ったんだったなあ、、、、等々。大事件なような、くだらないようなことをいろいろ思い出す。

そしてできあがったものは
こんな顔。
c0023016_2364163.jpg





さて、今度の反省点としては

○やっぱり芯がへなへな。もっと太いほうがよい。
○キルト生地を撚り合わせた鼻緒の処理がむずかしかった。
そもそもキルト生地を細く切って使うということ自体、綿が出ることを考えたらムリがあった。
キルト生地でやるなら、筒状に縫い合わせたりするほうがよかったかも。

というわけで、芯と鼻緒に課題を残し、終了。c0023016_2185532.jpg
[PR]
by dayathefrog | 2006-10-28 02:21 | 外反母趾物語 | Comments(4)

外反母趾物語31・草履制作レポート(1)


c0023016_4504812.jpg しばらくの間、この場ではボッシー物語の「手作り草履道」からすっかりはずれておりました。が、それはすなわち私が草履の手作りをやめていたわけではありません。あれから実家に行くたびに、地道な研究(というほどのものでもないけれど、とりあえず試作)を重ねておりました。マニアック方向ではあるな、との自覚はもちろんありますが、確実に興味を示す人々も身近で数名いたこともあり、ここでまたしばし草履レポートを。


■材料(かなりおおざっぱです・汗)c0023016_11125866.jpg

 某健康雑誌に掲載されていたという『布草履の作り方』というページを母が以前切り抜いて持っていたことがわかり、私の草履熱と偶然の一致にびっくり。はまやんさんのサイト(→コチラ)で紹介されているものと両方を参考にすることにしました。

 材料をおおまかに説明します。
 私が試作しながら使ってみたものを中心に。

●土台用の布
 7センチ幅くらいに裂いたもの・90センチくらいの長さで、草履一組(一足?)につき10〜14本くらいあれば足りる・・・と思うけれど、生地の厚さにもよるし、ちゃんと数えていないのですごく不確か(すんません)。

●鼻緒用の布
 キルト加工してある生地だと、そのままクッション性のある鼻緒ができる。土台と共布を袋状に縫って、そのなかにキルト芯や他の布や、土台の芯に使うビニールひもなどを通すでも可。鼻緒として表に出るのは35センチくらい+その両端に土台に編み込む分それぞれ15センチ〜くらいが必要。または、布だけを撚って、硬めの鼻緒というのもアリかも。お好みでしょう。

●前緒用の布
 鼻緒を前のほうで固定する部分。これはある程度細くて硬いのがいいようです。鼻緒を挟み込むようにしてから両端を寄り合わせ、裏に通して固定します。

●芯のビニールひも
 ふわふわした荷造りひもを使用。『作り方』ページでは「160センチ=土台片方用」となっています。私は途中から土台にハリを持たせるために芯を太くしようと、このビニールひも3本を三つ編みにした物を使用。
 鼻緒用には片方で35センチくらいが表に出る部分の目安。土台に編み込む部分にどの程度芯を残すか、など、あとはお好み。



★つくりかたの細かいプロセスは、
はまやんさんのサイト(→コチラ)をご参照ください。

★一見するとよくわからないプロセスでも、やはり実際に作ってみると
「こうしたほうがいいらしい」のポイントがいろいろわかってきます。
まずは材料を手にとって始めてみるほうが簡単!

★次回からは、マイ草履No.6までを写真付きでご紹介します。
No.1(失敗作・パジャマ草履)についてはコチラ



[PR]
by dayathefrog | 2006-10-24 11:23 | 外反母趾物語 | Comments(0)

お医者さんとのつきあいかた・・・・「書いていく」


c0023016_0241956.jpg 両親がお医者慣れしていないということもあってか、私もどうもお医者さんにはいまひとつ近寄りがたい。たまにようやく行ったところで、問題解決しないばかりか自分の言い分が伝わっているのかどうかも怪しいし、こんなことを聞いていいものか、しゃべりすぎか、気にしすぎか、はたまたもっと言うべきことがあったんじゃあ。。。。などなど、却ってそんなことで疲れてしまうことばかりなようで、結局、多少具合が悪くてもあまり医者にかからない方針(?)で生きてきました。

 っというのが数年前に足の専門医にかかるまでの私。

 そもそも足の専門医なるものに行こうとしたこと自体、それまでの私なら絶対考えつかないタイプのことだったのです。なぜなら、お医者さんなんて、こと足のことになればなおのこと
どうせ行ったってラチあかん!に決まっていましたから、それまでの経験上。


 行ってみよう、治してみよう。
 と思えるようになったのは、ふとしたことから足を踏み込んだ「身体モード」の世界・アレクサンダーテクニックで、姿勢や様々な身体症状とボッシーの関係についていろいろなことを気がつき始めたからでした。

 言ってみよう、聞いてみよう。
 ダメでもともと、バカでもともと。
 と思えるようになっていたことも、あるかもしれません。これはアレクサンダーテクニックというよりも、当時私が日本国外で「言葉のつたないガイジン」としての生活をしていたことと、関係あると思います。

 言いたくてもすぐに言葉が出てこない。
 まるでそれはイコール「私はバカ」?のようなシチュエーション数知れず。
c0023016_074351.jpg






 いや、まあ、たしかにバカな場合も少なからずあることはありますが。
 おまけに、じゃあもしここが日本だったら?となると、それまたそこで私がちゃんと言いたいことを言えていたかはわかりません。どうせ口が立つほうではありません。でも少なくとも、もう少しは意思表示をできていたはず。そんな不本意な状態が続くと、その場がダメなだけでなく、そのときの悔しさや落ち込み・自己嫌悪など超ネガなムードが後々しばらく自分を支配する。

 たまにそうなるくらいなら、まあ「よくなかった出来事」のひとつで片づけてしまえたかもしれません。でも、買い物ひとつでもそうなりかねない。運転しててオマワリさんに止められて「なんですぐ止まらない(怒)!」と車けっ飛ばされたこともありました。
 そして、何より気合いが必要なのは、具合が悪いとき。

 どうしよう、お医者さんに行かなくちゃ。
 言えない、わからない、じゃすまされない。
 ・・・そこで考えたひとつの方法、、、

c0023016_091186.jpg  

     しゃべりがダメなら

  筆談だ!






とまあ、そんなわけでコトバを扱う能力補足という面もあったし、あとは、あわてたり言いたいことを言い忘れたりしないためにも、自分の身体の状態を書いて行くことにしたのでした。

●できるだけシンプルに、キーワードを中心に箇条書き(そもそも複雑な文章は書けません・・・)
●「いつごろから××でしたか?」に備えるためのミニ年表
●必要ならばイラストもふんだんに(単語を知らなくてもこれならば!)


 さいわい私が行ったその足のお医者さんは、もともと看護士出身の気さくで明るく優しい女の人で、私のメモにとても喜んでくれました。患者さんを喜ばせ上手?ってこともあったかもしれないけど、やっぱりメモなしで行くよりは、話がかなりスムーズに運んだことは確か。

 これ、今まで日本でもやってればよかったな。
 と、思いました。
 それまでお医者さんに行っても「ラチあかなかった」のは、
 お医者さんが「あてにならない」んじゃなくて、もしかして
 私のほうにも原因があったかもしれないな。
なんてね。
[PR]
by dayathefrog | 2006-10-17 00:10 | からだ・あたま・こころ | Comments(6)

続・髪のはなし・・・カラーリングとヒールの心理


なんのことやら、このタイトル?
と思われるでしょう。
外反母趾を中心とする足の健康話からは少し離れよう、離れてみよう、
離れられるものならば、、、と思って始めた「髪のはなし」だったわけですが、
やっぱり私は離れられないみたいです。

で、カラーリングとヒール。
同じだと思うのです。
髪をカラーリングしたいと思う気持ち
ヒール、に限らず
絶対足が痛くなるような靴を履きたくなってしまう気持ち

自分の身体は「ぜったい、むり!」と言っているにもかかわらず
その身体の声が聞こえているのか否か
あえて「むり」を強制、強要、結果、拷問。

いったいなぜ?
と考えるに、ふたつタイプがあるだろうと思います。

c0023016_3321113.jpg










ひとつは

ときどき痛いなと思うけど(髪も傷んでるなと思うけど)
べつに自分は困ってないという場合。
人生こんなもんでしょ。
髪なんてまた生えてくるしさぁ足痛いっつっても歩けてるしぃ。
第一、いまどきほとんどの人がやってんじゃん。
ふつうにオシャレするためだったら、べつにそれくらいどってことなし。あたりまえ。

もうひとつは

痛いけど、傷んでるけど、
がまんする。オシャレのためならばなんだって。
という場合。
身体の声はしっかり聞こえてる。
でも、やらないではいられない。
ああいうスタイルしたい。
ああできなくてイケてない自分になるのはイヤ。

私は、どっちもよくわかります。
なぜなら、かつて私もそう思ったことがあったのをはっきり覚えているから。


もっとも髪については前回書いたように
おもに金銭的事情・感覚から早めのカラーリング戦線リタイアモードになってはいました。

そして靴については・・・

じつは私はヒールという種類のものを
この短くはない人生のなかでまともに履いて歩けた試しがないのです。
靴屋での試着でもまともに立ったりできないくらいだったので、買うわけもなし。
といいながら「ヒールパンプスのひとつくらい持っておかないと」
むりやり買ったこともありました。無謀、というよりただの無駄、でしたが。

でも、ヒールは低くても、先のほうが狭くてとんがった靴は履いていました。
とんがった靴も外反母趾には良くない、ということはうすうすわかっていましたが
一応履いたまま数歩以上は歩けるという意味で「ヒールよりは全然まし」だと思い、
それに私はすでにヒール系のかっこよさを追求することは諦めているのだから
せめて、先がとんがっている系のかっこよさくらいは私も追求させてよね(怒)
などとも思っていたかもしれません。

c0023016_3342429.jpg










人間というものは
こと、オシャレとかいう分野に関しては
「あれやりたい!」と自ら好んで選んでやったものでよっぽど
いたい・クサイ・つめたい・寒い・熱いなど辛い思いをしないかぎり
あきらめのつけられない生き物なのでしょうか。

また一度や二度そういう思いをしたからといって
すっぱりやめられるものでもなかったり。
性懲りもなく。
いたいなあ、と思いながらも、
たとえば靴を脱いでしばらくして痛かったこともノド元過ぎたころ
また何事もなかったかのように同じ靴を履いて出かける。

・・・ばかだなあ。

おろかだよなあ。

あれ?

・・・なんだか話はすっかり
髪でなくて足のほうに来てしまったではないか。
[PR]
by dayathefrog | 2006-10-10 09:23 | からだ・あたま・こころ | Comments(2)

髪のはなし・染めること

草履づくりのレポートを続けるつもりでしたが、ここのところの草履道ばく進に「なんか、入り込めないよ〜」というニュアンスの反応を身近なところでいただきました。なので、ここでちょっと閑話休題。ひさしぶりにボッシー&草履以外のことを書くことにします。


髪をどうしているか。
女子どうしだと、こういう話題はけっこう実用レベルの情報交換だったりします。
美容院、どこ? カラーはどうしてる? パーマは?
これってイマドキは男子にとっても重要なテーマかも。

c0023016_4214343.gif
最近はほとんど全員(とは言わないがかなり多くの人)が髪を染めてます。私が学生だった頃には「ヘアダイ(死語?)」だとか「コーラで抜いた(死技?)」とかで髪の色を明るくする人はほんの一部だったご時世でしたが・・・いまや、不良でなくとも、役者のタマゴでなくとも、ふつうの堅気なOLさんやら銀行員ですら「カラーリング」をする時代。

私もこれまで、美容院でのカラーリングは
2回ほどやってみたことが。
でも、いまいち繰り返す気になれなかったその最大の理由はズバリ
¥¥¥高い¥¥¥から。それに、×××傷む×××んだもの。

でしたらお客さま。それにはこんなによいトリートメント剤もございます。

・・・と言われても。
わざわざ高いお金を払って髪を傷め、
そのうえにトリートメント代も払って懐を痛め・・・
いったい何のために私は今何をしてるんでしたっけ???

うーむ。
それはすべて、髪の色を明るくしたいと思ってのこと。
それはなぜなら、そのほうが、軽く見える。
それはなぜならそのほうが、オシャレだ。
なぜなら、そういう風潮だからだ。


●たまには黒いまんまもいいんじゃ?

たしかに、今という時代に生きていて、あまりに世情とかけ離れた姿・出で立ちで生活しているのは「どこかおかしい」と認識されたり、結局自分も生きにくくなったりするのかもしれない。でも、もしも髪がバサバサで枝毛バリバリなのがちょっとなあ、と思っていて、しかも、お金もあんまりかけられないなあ、と思っているのだったら・・・
しばらくは黒髪でいてもいいんじゃないかな。
それでもしかしたら、そのまま黒くってもだいじょうぶかもしれない。
なんてのも、アリだよな。
というわけで、
いわゆるヘアダイ系のクスリでのカラーリングとは縁遠い生活をしてきました。


●黒いまんま+ヘナ

ちなみに私はここ数年、自分でヘナ染めをしています。
結局イロをつけていることはいるわけですが、天然染料であるヘナは髪を傷めませぬ。
・・・どころか保護をする役割もあるそうで。
もちろん、トリートメント剤いらず。
もともと髪が丈夫、ということもあるかもですが。

c0023016_4244999.gifヘナはヘアマニキュアみたいなもので、
髪の表面に透明な色の膜をつけるもの。
なので、黒い髪にやっても、一見すると黒いまま。
ですが、ホワイトというかシルバーに輝くものが
だいぶ目立つようになった私には、
そこんとこに色が入ってくれるので
これでちょうどよいカラーリング効果に
なっているのです。
黒の合間に白のスジがスジスジ入っているよりも、
オレンジなのがキラキラ(?)するほうが
やっぱりちょっと「いいかんじ」かも。

こういうところの"見た目効果"はやっぱり捨てきれない、です。

ただし最近はこのヘナ成分の表示にウソがある?
とかどーとかいう報道もあったようですね。
ま、そこんとこの真偽はともかく・・・

髪の話、また続きます。
[PR]
by dayathefrog | 2006-10-02 08:39 | からだ・あたま・こころ | Comments(10)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

紅葉シリーズ
at 2017-11-07 23:17
いつもの、ここ
at 2017-11-03 02:42
路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧