<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

外反母趾対策・テーピング

最新エントリーのこちらもご参照ください:
テーピングその後(2009-07-02)



外反母趾対策の代表的なものとして、テーピングという方法もあります。私はここ5ヶ月ほど、週に3〜4日はやっていますが、なかなかいいです。「外反母趾、テーピング」で検索するといろいろ出てくるので、やり方の説明は省くとして。ここではテーピングをするにあたって・やってみての雑感、本音、のようなものを書いてみます。


■テーピングとの出会い・別れ・そして再開

c0023016_13303329.jpgテーピングは、だいぶ以前、足のお医者さん初体験時に理学療法で教わりました。テープを貼ってもらいながら自分でも練習させられて、何度か自分でもやるようになったのですが、なかなかうまく再現できず。また、その時使っていたテープのノリがきつかったのかすぐかぶれたり、やり方が何かまずかったのか変に痛くなることもあって、すぐにやらなくなってしまいました。

それから7年ほどたった去年の冬、今度はフットケアの講座でやってみたテーピングの感じがよかったので、もう少しちゃんと練習しようと思い、すこし工夫もしながらやってみました。以来数ヶ月、毎週の太極導引&武術の練習日を含む週3〜4日、だいたい欠かさずテーピングをしてみています。前とはテープの種類も違うし、貼り方の細かいコツも教わったおかげか、今はやらないよりはやった時のほうが、やはり調子がいいようです。テープのひっぱり方を加減することでもかぶれが防げるようですし、痛くなることもありません。


■なにがいいのか?

c0023016_13311919.jpgだけど、履き物にこれだけお金も神経も使って、運動もこれだけ念入りにしているのに、この上さらにいちいち切ったり貼ったり剥がしたり、いろいろ細かくて面倒なテーピングも???・・・と、ますます「なんでそこまで・・・」な様相を呈しているように見えることとは思います。が、しかし、このテーピングで足そのもののアーチをゆるくサポートしてもらうことで、ユビや足裏全体の筋トレもやりやすくなるし、全身の疲れかたも少なくなると感じています。靴や中敷きでは支えきれない分を、じんわり助けてもらっている感じがあります。中敷きのはたらきとも同じ、筋力強化の補助になってくれてるようです。


■はっきりいって、めんどうです!

テープ代がかかるのってちょっとやだな、とは思います。私が使っているのは5センチ幅×4メートルの一巻が900円くらいするもの。これで何回分かなあ・・・たしか1回につき60センチくらい、と思うと、7回弱ってところでしょうか。1回分100円以上してますね。

週3〜4日といってももちろん、毎日貼り替えているわけではありません。金銭的なこともあるけど、なんといってもあまりに面倒。剥がれないかぎりは3〜4日くらいなら貼りっぱなしでいいということですが、少し経つと端っこがビロビロ、靴下の繊維がくっついたり等、けっこう汚い感じがすることもあるかも。剥がれてきた部分はハサミでカットするなどしながら、私は基本的には1週間に1セット、という感じでやっています。


■まずはやってみてもらうこと

c0023016_13323217.jpg自分の経験からいっても、まず最初はちゃんとテーピングができる人にやってもらったほうがいいと思います。外反母趾の知識があり、筋肉や骨の構造がわかっていて、できれば、外反ボッシーの痛みとか不便さまでもわかっていてもらえると、テーピングの仕方自体が違ってくるはず。そこで何度かやってもらって、自分でも練習。そのうち微妙なひっぱり具合とか、じつはかなり面倒な、貼ってる最中のテープの裏紙の剥がし方なんかにも慣れてきます。

軽い外反ボッシー気味な人やボッシー初心者・入門者の方々、とくにボッシー進行中の痛みが出ている時などにはこれだけでもちょっと楽になるはず。テーピング未体験の方は、これも一種の足を使った身体によい工作(?)だと思って、一度おためしください。
[PR]
by dayathefrog | 2007-04-28 13:33 | 外反母趾対策 | Comments(7)

外反母趾改善企画、経過良好


c0023016_053566.jpg外反ボッシー改善企画、ずうっと進行中。まだまだ、めざすは完璧(?)にぐっと地面を踏みしめられる強靱なオヤユビ(+他のユビ達、アシノウラ)!というノリでばく進してきました。未だに時々、床や履いているものの条件によってはダメなんですが、しかし最近ふと、ひょっとして、もう、かなり良くなってるんじゃないか?と・・・急にそう思えるようになりました。

というのは、最近ある靴関連のセミナーにて。
そこで取ってもらった私のフットプリントを見た講師の方から
「これだけの外反母趾(=拇趾球ボッコリ)のわりに、
 かなりユビがしっかり使えていますね」

というコメントをいただいたのです。

ああ、そうですかあ!???
わかりますかああ!!!???
たいへんだったんですううう!!!
すごいがんばったんですよおおおおおおおおお・・・・
と、涙・鼻水いっぱいでなだれ込みたい気持ちではありましたが、
そこはちょっと抑えて。

c0023016_0521448.jpg「はい、そのようになるようにやっていましたので」
とクールに、だけどなんだか訳の分からない返答が出てしまいました。
しかし、それに対しても
「いや、これは
ずいぶん頑張ったんでしょうねえ。

 どこにもタコもないし、それに、まあ、テーピングもしているというのもあるかもしれませんが、運動もしていらっしゃるとのことだし、ちゃんとこうユビで掴めるのは、現代人(!?)にはなかなかいないんでは」と返ってきました。
※註1・現代人=ここでは「現代の外反ボッシーな人」と解釈すべきでしょう
※註2・私はテーピングをした状態でフットプリントを取ったので、その効果も手伝っての足形でした


そもそも外反ボッシーについての症状・実情・対策とその詳細をすべて網羅して把握している人というのが、お医者さんといえども、靴屋さんといえども、なかなかたくさんいらっしゃらないのです。自分でもあちこちで得た断片的な知識をつなぎ合わせ、そのつどの身体の感覚と合わせて推測・判断したりしながらの手探り状態。その分、いわゆる「正当な評価」というのがほとんど期待できないぞという覚悟でずっとやってきたわけでした。ですから、この思いもかけぬねぎらいの言葉はホントに嬉しかったのでござる。

いや、ねぎらってもらってるんじゃないですね。でも、これはなんか、今まで地道にやってきたユビの筋トレその他いろいろ続けてきたことが間違ってなかったと、自分の身体の感覚以外のところで初めて評価された感じだったのです。

これまでにも少しだけ、評価はあった。たとえば、以前の私のビヨビヨ三角足を知る友人は最近「うん、前はもっと完全につま先がとんがってたよねっ」と断言。ただし彼女は、私の足はいかにユビに力が入らなかったか、とか、そのことで身体じゅうにどれだけ支障が出ていたか、それらが何をすることでどう変化したかなどの関係はわからなかったわけです。でも、それはそれで、ホントに嬉しいことばだったことは確か。

それが今回は、いってみれば上記のボッシー事情をおおかたすべて網羅しているはずのプロの方からの「評価」をもらえたようなものです。まだまだダメ足な時もいっぱいあるのですけど、よくぞここまでに成長してくれたなあ、とこの瞬間、自分でも自分の足をすんごくねぎらってしまいました。よしよし。これからも、この調子でいこう。これからも、よろしくね。

c0023016_056756.jpgてことで、ボッシーのみなさん、
とくに天才型のボッシーさんも、
アキラメルベカラズですよぉ。

[PR]
by dayathefrog | 2007-04-27 00:57 | 外反母趾対策 | Comments(0)

毎日続けられる理由


外反ボッシー改善に燃え、遅咲きの青春している私です。あれだけ全く力の入らなかったオヤユビが、まだまだ頼りないとはいえ、それなりにふんばりも効くようになってきました。

c0023016_1271047.jpgグーパーや足趾ストレッチはもう日常の呼吸のごとくに、生活に溶け込んでいます。テレビを見ながらじんわりスクワットとか、歯磨きをしながら洗濯機に脚をのっけて圧腿ストレッチとか。寝る前、起き上がる前にフトンの上で足ユビや股関節のストレッチも。外反ボッシー対策というより、もう全身メンテナンスの観ですが、実際のところボッシー&恐怖の腰痛を良くしようと思ったら、自ずとそういうことになってきてしまいました。

c0023016_1274636.jpgとくにどれを何回と決めてはいません。毎日これだけはやりなさい、と誰に言われたわけでもありません。でもなんとなく、なしくずし的にひととおりやってしまうことがほとんどです。自主的にやって続いてる、というだけで、むかしの私だったらビックリものです。でも、いつのまにか毎日欠かさないようになりました。

ここまで習慣化することができたのは、「努力」とか「根性」「律儀」ということではなくて、ただただ「やったら得られるイイこと」があるってわかったからだと思います。

イイことってどういうことかというと
やっといたほうが、身体がらくってこと。
頭で「何を何回、次はこれもやらなくちゃ」と思ってやるのではなく、
身体が「これをこれくらいやると、後で気持ちいいからね」ってもうわかったから。

逆にいうと「やっとかないと後が大変」ということでもありますが、痛くて辛い思いばかりしても後で気持ちよくもないのであれば、やる気もいまいち。でも後で「らく」になれるとわかっていれば、痛いとも辛いとも思わなくなることもあるでしょ。といってもね、やっぱり痛いことや辛いことはしないです。痛くない範囲、辛くない範囲のことしか、続かない。ゆるゆる、ぼちぼち、なんとなく、やってる。という感じ。それくらいの積み重ねが、私の経験上、結果的にはいちばん効果があったみたい。

ただしもちろん、何をするにも「今、何のために、何してるのか」がわかっていたほうがいいと思います。ただ雑誌で紹介されていたからというだけで、むやみにつま先立ちをするのでは効果もイマイチのはず。今、身体のどこに働きかけているのか。これをやることで、どういう意味があるのか。もしその場でわからなくても、いちいち身体に訊きながらやってみる。

その辺りはキッチリすべきだけど、あとは、ぼちぼち。

c0023016_128527.jpg私は「○○を何十回×何セット」というやりかたも、じつは、ちょっと苦手。数字の重みにつぶされやすいのでしょうか。この数字は目安としてボリューム感を掴めればいいかな程度に、さっと目を通したら、忘れるようにしています。ってつもりはなくても、忘れてしまうのですけどね。あとはその都度の「適量」は、自分の身体が決めてくれるってことで。
[PR]
by dayathefrog | 2007-04-20 01:31 | 体操・ストレッチ | Comments(4)

フットケア_私のリフレクソロジー初体験は


c0023016_1124514.jpgリフレクソロジーサロンに初めて行ったのは、いつだったかなあ。
おそらく10年ちょっと前だったのではないかと思います。すでにコンフォート系の靴を履くようにはなっていましたが、一年中というわけではありませんでした。ちょっとオシャレしたいような日には、疲れが増すことはわかっていても、今思えば足にちっとも優しくない靴を履いて出かけていました。

それに靴下も。今でこそ私は徹底して五本指ソックスしか履きません。当時もすでに履いてはいましたが、100%ではなかった。だいたい人に会うことがない場合しか履いていなかったかも。すごくかわいい編み込みのタイツなど見つけると、どうしても欲しくて。そういうのが実はけっこう足趾を締め付けて疲れることが感覚ではわかっていても、ここぞという時にはそれを履いてしまったり。「締め付けるような靴下はボッシーに良くない」などというフレーズは全く聞いたこともなかったので、靴に気をつけてるだけで十分、くらいな意識だったと思います。

c0023016_1131376.jpg残念ながら、リフレクソロジーを初めて受けた時の記憶はあまりないのです。だけど、その初体験が気持ちよかったからこそ、やみつきになどなるものかとヤセ我慢しつつ、その後何度か「駆け込み」をすることになったのでしょう。でももしかすると、私はすごく痛がったかもしれません。とくに趾に関しては、昨年学校に通い始めた当初でもまだけっこう敏感だったので。敏感なところ、痛いと思うところは、それだけ状態が良好ではないかも?と思っていいようなのです。

●ずっと趾に力が入らなかった

私はずっと、趾に力がうまく入れられないでいたのです。何歳頃まで力が入れられていたのか、わかりません。でも10歳頃、思い切り走った後に「カクカク」した覚えがハッキリあります。あの感覚は、趾に力が入れにくかったという感じ。足が細く(踵や足囲も細く)たいていの靴はブカブカでしたから、靴が脱げてしまわないように趾を上げて歩く「趾上げ歩き」というのになっていて、趾で踏ん張ったり地面を蹴ったりする力が更になくなっていったはず。初リフレ時にはすでに、両拇趾はまったく力を入れることができないくらいになっていました。

c0023016_11339100.jpg私に施術をしてくれたリフレクソロジストさんはさぞや、かわいそうな足だなあと思ったことでしょう。リフレクソロジストは施術しながら察知したクライアントの足の状態をもとに、終了後に何かしらのアドバイスをします。でも、何を言われたかも覚えていないのですよねえ・・・ホントはきっと、山のようにあったはずなんだけど。もっとも当時の私には、言われたことが全然ピンと来ていなかったとも考えられます。

それか、「こんな形の足見たことないなあ」というくらい珍しかったかもしれません。「こんなに痛がるなんてヘンだよ」と、ちょっと面倒だったかも。変形以外にどういうトラブルが起こっているのか、お医者さんにもわからない場合が多かったくらいですから、ここでもわかってもらえなくても当然といえば当然。こんな思いは靴屋さんでもしょっちゅうでした。

そんな状態でしたから、ボッシーを前向きに改善していこうと思えるようになる以前の私がいかに「後ろ向き」だったか、何となくおわかりいただけるのでは・・・。

c0023016_1143911.jpg
[PR]
by dayathefrog | 2007-04-10 01:18 | フットケア | Comments(0)

フットケア_ボッシーがリフレクソロジーを習得


c0023016_5125865.jpg
このたび私、リフレクソロジーのプロライセンスというのを取得いたしました。この半年間、リフレクソロジーの専門の学校に通っていたのです。ここには一応ケリがついてから書こうと思い、今までは黙っておりました(汗)。


これは鍼灸師とか柔道整復師などの国家資格とは違い、民間の資格です。
ほんの少しのあいだ「研修」を受けただけでも、「ハンドセラピー」というような名前で足モミモミのようなことで開業することもできることはできます。そういうものと「資格」という法律面ではあまり変わりがないことになるらしいです。ですが、この学校はかなり本格的。半年間みっちりと、いろいろなことを教わりました。

そもそもその学校に決めたのは・・・

>>>>(つづきはコチラ)
[PR]
by dayathefrog | 2007-04-05 02:11 | フットケア | Comments(13)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51
道端の風景
at 2017-07-14 11:35
高温だけど爽やかな日々
at 2017-06-07 03:26

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧