タグ:イラストレーション ( 9 ) タグの人気記事

クリスマスと年賀状



c0023016_00112084.jpg

Merry Christmas

本日の靴屋。クリスマスの飾りつけを徐々にはずしながら、コソコソと新年の準備。10月のハロウィーンのあたりから年末年始はどんどんイベントが入れ替わり。自分が歳をとると月日の流れは早くなるので、この入れ替わりの速度も上がります。

c0023016_00113685.jpg

and a happy new year

そして年賀状の準備。デジタル時代だけどアナログな年賀状は欠かせません。作画やレイアウトはパソコン、でもやはり宛名やメッセージは手書きです。毎年追われてやることになっちゃうのですが、これはだいじなひとつの儀式。お世話になった方々へメッセージを書き続けると同時に、自分自身のちょっとした棚卸にもなるのです。

c0023016_00115277.jpg
もう一息で完成です。はやくはやく、サル、ルルル。

と言いながらも「すべきこと」がいっぱいあるなあ、と思っただけでくたびれるようなことはありません。(いまさらあらためて言うまでもないかもですが)やはり太極拳導引効果といいますか。さあ、今度はどんなサルに会えるか、描いてる自分も楽しみです。










[PR]
by dayathefrog | 2015-12-24 23:54 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

絵の仕事、足の仕事


さっきまで「よいお年を」「来年もよろしく」と言ってたばかりなのに、
12時をまわるともう「今年」です。


たかが時間がすぎていくだけのことなのに
そういう区切りの感覚を守っていくことで
逆に何か自分も守られているような
先に進んでっていいよと背中に手を添えられたような気持ちになれるみたいです。


そしてそんな儀式のひとつである年賀状に
何枚も何枚もひたすらコメントを入れていくうちに、
だんだん自分でもわかっていなかった「今後の目標」がはっきりしてきました。


伝えたいことを伝えるには、やっぱりもっと絵を使おう。
こんなに使いやすいモノがずっとそこにあったのに
どうも全然別の場所にしまってしまうクセがあったみたいです。



絵を描く仕事と足や身体にかかわる仕事は
別々の分野と考える必要はなかったよね、と
ふと気がついたのが
まあいちおう「今年」最初の発見でした。

とでもしておこう。

c0023016_11345510.jpg









[PR]
by dayathefrog | 2015-01-01 02:23 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

イラストの「画材」変更

デジタルでイラストを描くにあたり、色やタッチもソフト次第ということが、最初のうちはドキドキでした。なかなかイメージするようにできない気がして、今思えばムダにエネルギー(神経)消費していたような。でも今は、そういう「なりゆき」加減にまかせることを、ちょっと楽しめるようになりました。


イラストの仕事を始めたころ(ほぼ30年前)、当然ながらすべての作業が「アナログ」でした。アナログ、ということばがここで意味するところもまた昔と今では違っていて、この場合は「パソコンでない」ということにも慣れるまでちょっとかかり。

関係ないですが「ガラケー」の意味を正確にわかったのも、つい最近です。現在私はスマホと旧タイプの携帯の二つ持ち。スマホを持ち始めた時に、スマホではメールとネットをやるけど通話はこっち=「旧タイプ」、と説明するうち、まさにこれがそのガラケーだったんだ、と気づいてきたわけです。

なぜかわかりませんが「ガラケー」という響きから、ゲームの一種かなんかなんじゃないかと想像していたのでした。意味がわかってみると、あれれ、なんか思っていたよりおとなしい(?)…勝手なイメージがふくらんでいた私。


さて、現在私はけっこう古いタイプのパソコン(mac)を使っています。OSのアップグレードも対応できないくらい古いので、本体を新しく買い換えないままで色々なソフトやネット上のあれこれとつき合っていて、あっぷあっぷの状態。もういいかげんに新しい機種にしようと計画中です。

暑さのせいもあったでしょうが、先日、ついにイラストを描くのに支障が出てきてしまいました。(このブログの更新が滞りがちだったのも、このことと関係ないわけではありません!)アナログからデジタルに移行して10年ほど、ようやく表現もこなれてきたかと思ったら、ここへきて描画ソフトを変えることに・・・

アナログ時代にも、気に入って使っていた紙やパステルが手に入らなくなった!などのことで、いちいちプチパニック。でも振り返ってみると、そこで否応ナシに「新しい表現」を手に入れてきたともいえるのでした。

というわけで、今回もちょっとした試行錯誤ののち、今までにできなかった作画テクニックが、ちょっとできるようになりました。


そんなふうに、生き方も、ちょっとずつ変えていったりしていってるものなのかも。

c0023016_1924407.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2014-09-23 19:30 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニック(石井ゆりこ・著)

演奏者のための 
はじめてのアレクサンダー・テクニーク
からだを使うのが楽になる


石井ゆりこ・著/ヤマハミュージックメディア・刊


アレクサンダーテクニーク教師、石井ゆりこさんの書かれた本の第二弾。今回もイラストを担当させていただきました。先月の発刊でご紹介が遅くなりましたが、ぜひ手にとってみてください。


c0023016_21364254.jpg



がんばりすぎなくても、出したい音は出せる!

無理のないからだの使い方により、自分の可能性が大きく広がります。ジュリアード音楽院をはじめ、海外の名門音大でも取り入れられている注目のメソッド。「そもそもアレクサンダー・テクニークってなに?」「何ができるの?」という疑問から 「自分の知らなかったクセを知りたい」「もっとラクに演奏したい」という要望にも応える、アレクサンダー・テクニーク初心者のための入門書。アレクサンダー・テクニークの考え方からからだの使い方、そして楽器への応用まで、イラスト満載でわかりやすく解説します!
<内容紹介(Amazonのサイトより)>
Amazon.co.jp: 演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク ~からだを使うのが楽になる~: 石井 ゆりこ: 本


私自身、中学時代は吹奏楽部にいてクラリネットを吹いていました。おかしな雑音を出しては先生に「こら、そこのイラリネット!」と言われたり、指揮棒のタイミングの読みとり方がどうしてもよくわからなかったりと、まことに才能にめぐまれない演奏者ではありました。それでも合奏ってすんごく楽しかったのですけれど、いざステージで発表となると緊張しいで、けっこう苦しくもあったことは、今でもよーく覚えています。

私のトラウマ的演奏経験はもうひとつ。小学生のころから、リードオルガンというのを習っていました。両足で足踏みするようにペダルを踏み続けながら音を出す、電気オルガンよりはちょっと複雑、でもパイプオルガンに較べたら超地味な楽器。小さな教会で素朴に流れる賛美歌メロディーにぴったりです。これも一人で練習していると時には我ながらうっとりする瞬間もあったのに、発表会となると… いわゆる「真っ白」になって中断→もう少し前の部分からやり直し、で、最後までずっと緊張…という苦い経験があります。

そういうことと、喫茶店のウエイトレス経験のトラウマ(早くしなくちゃ、と必要以上に焦る)などが数年前までの自分には密かにずっと居座っていたらしい。ということには、実は太極拳導引で気づくまで、あまり自分では認識していませんでした。見たくないので見ないようにしてたというのが正確なところでしょうが。


なので、この本のイラストを描くにあたっても、自分のそんな経験がいつもイメージの片隅にあったようです。中学時代にコレ知ってればなあ、とホントに思いつつ、の作業でした。演奏に限らず、人前でなんだか緊張してしまうという人にも読んでいただきたい本です。


c0023016_21373113.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2014-04-12 21:42 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(0)

実感!無駄な力がぬけてラクになる介護術: 毎日の「からだの使い方」からはじめる 石井 ゆりこ(著)

本の紹介です。

c0023016_812211.jpg


この本がでたのは6月。もうずいぶん経ってしまっているのですが、ずっと、この本についてを書こう書こうと思いつつ、「書くならちゃんと」と(いつものごとく)思ってしまい、そんなこんなしてたら暑くなったりしていて(と言い訳には事欠かず)、なかなか書けませんでした。

この度、友人でもあるハーバリストの並木さん(なみきハーブガーデン代表)が、すばらしいレビューを書いてくださったので、これをもって私も便乗でご紹介させていただくことにしました。

→並木さんのブログ『なみきハーブガーデンジャーナル』
Namiki Herb Garden Journal



タイトルには一言も出てきませんが、これはアレクサンダーテクニック(以下AT)の介護の本です。著者の石井ゆりこさんは、ATの教師。そして私は縁あって、この本のイラストを描かせていただきました。

からだの使い方もですが、ことばの使い方がまた重要なファクターとなる(と私は思う)ATにおいて、ゆりこさんはとても魅力的なことばを使われます。単純ではないAT用語をうまくわかりやすい表現に "翻訳" しつつ、けして饒舌なわけでもなく、むしろ訥々と語られるなかに独得のリズムが漂います。

ゆりこさんの実際のレッスンとおなじような語り口で、この本のなかでも「ことば」がゆったりと展開されます。

語り口といえば、ゆりこさんが駅からご自分のスタジオまでの道を説明なさるメールの文章がおもしろいんです。たとえば・・・パン屋の角を右に曲がってから、大きな道をしばらくそのまま進みます。四つ角を左へ曲がり、右側を歩きます。途中に○○の看板、そのもう少し先には青いテントのタバコ屋さんがあります。というような。

歩いているとほんとうにそのとおりだな、と思える光景。まだもっとまっすぐかなあ、と少し不安になりそうなところに、青いテントが目に飛び込んでくる。あれだあれだ!だんだんオリエンテーリングの気分になってきて、スタジオに着かなくてもいいから、このままずっと歩いていたくもなる気持ちもふと湧いて。

本の内容は、並木さんの紹介文がとてもよく表してくださっているので、ここでは敢えて繰り返しませんが、少しだけ。すでにチラホラ、どころかけっこうたくさん、身のまわりで携わっている人が多い「老人介護」。介護方法だけでない、介護する人の(こころとからだの)"姿勢" についてが多く語られています。

いい本なので、ぜひ、手にとってご覧ください。


→ゆりこさんのサイト
アレクサンダー・テクニーク湘南・鵠沼スタジオ/文京・千石教室
本の紹介



・・・・・・・

●11月の『かえる倶楽部』グループセッション@高井戸のお知らせ

11/13(水)10:00〜11:30
11/17(日)10:00〜11:30

参加費■¥2,000
場所■杉並区高井戸地区センター・第8集会室

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします。

・・・・・・・

[PR]
by dayathefrog | 2013-10-20 08:19 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(0)

あけましておめでとうございます

c0023016_384226.jpg


本年もよろしくお願いします。

今回は愛用している太極拳シューズ
オニツカタイガーの "wushu"(武術)モデル
の肖像を描いてみました。

※1/3訂正※
"wushu" モデルはオニツカと同じアシックスから出ている別の型(よく似てますが形がちょっと違う)で、こちらは "tai-chi"(太極拳)モデルというもののようです。


(背景色違いバージョンはこちら

現物はラインが白なのですが
いわゆるタイガーな色合いにアレンジしております。

じつはこのモデル、廃番になってしまいました。
甲のボリュームがとっても少ない私でも
ヒモでうまく締めることができてとても履きやすいので
ぜひまた同じような型を出していただきたいと
強く強く願っております。
(もっといいのが出るんだったらそれでもいいですが)

今年もこの靴(with インソール)で
地道にエンドレスな楽しいリハビリを続けまっす♪
[PR]
by dayathefrog | 2010-01-02 00:05 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(4)

身体と気持ちの前のめり

年々「時間のスピード」が上がっているのですが、今年はまた特別早くなってる。これって年齢ということもあるでしょうけど、活動内容にも影響されるんだろうか? だけど、スピード感と自分のギャップはあまり感じない。


c0023016_2314177.jpg「仕事」の種類が増えて、時間と気持ちのやりくりをするだけでも忙しいといえば忙しい。仕事内容がというよりも、その複雑化したスケジュールを自分でわかんなくならないようにするだけでも忙しい。だけどこれである意味、常時いいかんじの気分転換をしているともいえる。

家にずっとこもって絵ばかり描いていた頃のことを考えると、仕事が絶え間なくあるのは有難いことだったけれど、もしかしたら、自分の気分をうまくリフレッシュさせるということができてなかったんじゃないかと思う。

c0023016_2342078.jpg実際にシメキリを抱えながらも気分転換に外に出てしまうことはよくあった。なのにどこへ移動しようが何をしようが、肝心の気分が入れ替わらないことも多かったような。それだけいつも仕事のことが頭から離れなくて熱心だったってこともあるけど、仕事そのものへの取り組み方が、ヒキがなさすぎというか、ドボッと頭を思い切り突っ込み過ぎていたのかもしれない。当時は太極拳導引のようなワザをまだ知らなかったからなあ。

おそらく身体そのものも、とにかく「前重心(+上重心)」だったはず。足だけでいえば、前(ユビなど)に力が入れられなかったからどっちかというと後ろ(踵)や外側に重心が偏っていたと思う。でも全身でみたときに前のめりで、首スジや背中など、身体には後ろ面もあるんだということはすっかり忘れていた。特に絵を描く時など、この状態で集中しようとすれば首スジが硬くなるし、慢性の肩凝り(そして腰痛)になっていたのもちっとも不思議じゃない。


身体がこういう「前のめり」になってる時は、気持ちも同じくだったはず。一生懸命、スピードに置いて行かれないようにしなきゃと突っ張っていたのかも。一見やわらかな雰囲気の画風だった(と思う)けど、実際の私はガチガチだった。

ヒキとかヌケとかいうものは、よけいな力を抜くことができ、バランスのいい状態でいられてこそのものと思う。その意味では、だいぶ身体もバランスがとれるようになってきた今からこそが、いい絵も描けるのかも?なんて気も。仕事という観点は別として。

c0023016_232368.jpg

このあいだからちょっとディープに部屋の片づけを執行中。今日は、さぞ身体がつらかったろう10年ちょっと前の通信物(FAXでした!)を見つけてしばしタイムスリップ。文中からもれてくる当時の私の "身体の悲鳴" に、こんなことを思ったのでした。
[PR]
by dayathefrog | 2009-05-28 02:36 | からだ・あたま・こころ | Comments(4)

ネズミの太極拳・遅ればせのカレンダー完成!

だいぶ時期はずれになってしまいましたが、太極拳をしているネズミのカレンダーができました。中国整体の「漢風閣」さんの企画・製作です。

c0023016_3302893.jpg


2008 太極鼠暦 Taiji Mouse Calendar : 約120×120mm, 表紙含め13枚
copyright 2008 漢風閣/pantaya, all rights reserved. font operation by yuehua.


今年の干支・ネズミが太極拳をしているイラストが、各月にそれぞれ動作名とともにのっています。この太極拳の型は、太極拳では一番広く普及しているといわれる「簡化二十四式」という套路(型の組み合わせ)で、自分が一番最初に覚えた套路でもあります。ひとつひとつの動作を実際に自分の体で確かめながら、なるべく忠実にネズくんに伝授したつもりです。ネズくん、実にまじめに素直に取り組んでくれました。

絵を描くと、不思議なことが起こります。笑っている顔を描こうとすると、描いてる自分の顔がいつのまにか笑ってる。しかめ面だと、しかめ面。べつに鏡を見て描いてるわけじゃなくてもです。で、太極拳だと、やっぱり、太極拳。中腰で動きながら描いたってわけではないですが、なんとなく動作をしてる感覚になっている自分、だったのです。つまり、じっとこもって描いてるというよりは、この作業をしている間は太極拳をしているのと同じような状態・・・おそらくは深い呼吸とか、肩をゆるめて落として、とか。それに真剣にやってるネズくんの表情がまじめであればあるほどなぜか可笑しく、描いてる私もまじめなんだけど同時に心の内ではクスクス。笑うと呼吸も深くなるわけだし、さぞ酸素も採り入れられていたことでしょう。

というようにかなり気持ちよく、すごく面白かったんですが、なかなか思うようにできなくて。中国書体を含むフォントをお願いしていたyuehuaさんからは早々に完璧データが送られてきていたというのに。ついに新年を迎え、完成した時には2月もとっぷり迎えてしまいました。企画の漢風閣さんには「ちょうど中国のお正月でいいですね」なんてのどかに笑って許していただいて、急遽2月始まりのカレンダーに変更。ほんとにご迷惑をおかけいたしました。

・・・というわけで、こちらでご紹介するのが3月にもなってしまいました。2月始まりで来年の1月終わりのカレンダー、もしも万が一ご希望の方がいらっしゃいましたらコチラからご一報ください。私のところにちょこっとだけある在庫からプレゼントいたします!(ただし在庫切れの場合はご容赦くださいませ)
[PR]
by dayathefrog | 2008-03-08 01:21 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(7)

めずらしく宣伝


ほんとに暑かったこの夏。リフレクソロジー現場修行もスタートしてヘロヘロになりながらも、おえかき小僧のタマシイひゃくまでも、とでもいいますか。描き出すと楽しく、なかなか自分でもイインジャナイ?に描けた挿絵イラストが載った本が、いよいよ出版されます。昨日、刷り上がった本が手元に届き、ああ、よう頑張ったなあ自分、なんて感慨がヒシヒシ。なもので、めったにこの場で宣伝などしないのですが、今回ばかりはちょっと失礼いたします。宣伝そのものの効果があるかどうかは別として・・・


c0023016_220458.jpg問題の本は、全国展開の実直なお料理教室などで知られているベターホームから出版されるかんたん美味 お料理歳時記というお料理本。私は本編の挿絵イラストと付録を担当させていただきました。

歳時記感覚の薄れがちな現代ですが、お料理を通じて、一年の、今はこんな時期なんだなあという意識がちりばめられた生活をしていくのも良いんではないでしょうか。やはり、四季折々という言葉が美しく響くこの日本の文化は大切にしたいなあとは思うのであります。

ベターホームのお料理教室には私も何度か通ったことがあるのですが、ほんとうに「感じのよい味付け」だなあといつも思いました。などと最近めっきり料理らしい料理をしなくなった私が言うのもチャンチャラおかしいのですが(苦笑)、この本で紹介されているのは、どれも簡単にできるお料理と、デザートもいろいろ。季節を少し深く味わうことができそうです。これを機に、ちょっとちゃんとやろうかな!?

大手の書店、または全国のベターホームのお料理教室にて12月1日より発売予定とのことです。


この本のあちこちに挿絵を描かせていただきましたが、巻末には16頁仕立ての付録が付着しております。『イラストでわかる・日本の四季の愉しみ方とお作法』・・・なんてタイトルはすごいのですが、内容としては、まさに私のようなしきたりおんちでも楽しめるような、あ、こんなんでいいのかしらね、とか、あ、それってそういうことだったのね、なモードの暦ブックとでもいいますか。絵と文、すべて手書きです。

編集スタッフのFさんの絶大なご尽力をもちまして、なんとか形にするまでは至りましたが・・・たった16頁、されど16頁。私ってまとめる能力ゼロ? と何度行き詰まりそうになったことか。とほほ。それでも、暦といってもたとえば10月=体育の日=ウォーキングってことにしようとか、11月はフリースの再活用グッズ、6月はこわれた傘の再活用バッグなど、どっちかというと料理より身体関係や手作り関係にもっぱら興味どっぷりの私の好きなようにテーマは選ばせてもらえました。

まめに尻をたたきに来てくださったFさんと、辛抱強くイラストデータを待っていてくださり、最後はきれいにまとめてくださったデザイナーのYさんに、ほとほと、ひしひし、感謝いたしておりますです。ひれ伏し。

コチラ(pantaya_sketch/memo)でもチラッとイラスト載せてます。付録の裏表紙「七福神の乗った宝船+回文」の絵は、編集Fさんの入魂企画のひとつ。来年も、みんなにとっていい1年となりますように!!!

[PR]
by dayathefrog | 2007-11-25 22:11 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(8)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

マーガレットという名は漫画で..
at 2017-05-05 17:38
すっかり遅くなりましたが、桜
at 2017-04-19 00:55
ミドリ日記:しましま+てんて..
at 2017-03-07 18:53
ミドリ日記:しましまゴムの木
at 2017-02-15 01:38
ピンク色に思い出す
at 2017-02-08 01:50

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧