タグ:フットケア ( 12 ) タグの人気記事

スタジオかえる・体験グループセッションのお知らせ(3/27・水)

いきなりスタジオかえるのセッションを受けに行くのも
ちょっと気が引けるなあ、、
と思われる方もいらっしゃるかなと
つねづね思っていたので…
この度「体験グループセッションの日」を作ってみました。


c0023016_23281482.png


・外反母趾対策の体操ってほんとはどうやったらいいの?

・そもそも私の足って元気なの?そうでもないの?

・足のタコとかマメとかがなぜ消えないのか知りたい

・なぜ合う靴がないのか知りたい(靴のせい?足のせい?)

・もっと歩き回っても疲れない身体になりたい

・ヨガ教室などに行くと身体が固すぎて恥ずかしいのでなかなか足が向かないのだけど、何かしたほうがいいとは思っている

その他なんでも。

普段の足や身体にまつわる疑問といっしょに、お越し下さい。

子供のころからの素質にめぐまれた(?)外反母趾や
うら若きころからのガチな腰痛癖を抱えながらも
徐々にトラブル解消の道をみつけ
前向きに歳を重ねてきたpantayaがお待ちしております。

え!そんな理由だったんだ!
ということがわかるでしょうし、
え!こんなちょっとした体操でいいんだ!
というようなものをご紹介します。

通常セッションの詳しいようすは
こちらのサイトの「セッション体験談」をご覧下さい。

c0023016_2331202.png

★日時
3/27(水) 13:30〜15:00

★場所
高井戸地区センター・第5集会室(地図

★料金
¥2,000(当日会場で集めます)

★用意するもの
動きやすい服装(とくに股関節をしめつけないもの)
裸足になるかもしれませんので、タイツやストッキングは脱いでおいてください(更衣室アリ)
ヨガマットやタオルなど(床はコルクですが、敷くものがあると便利です)
飲み水など(激しい動きはありませんが、軽く水分補給できるもの)
お手持ちの靴のご相談なども、ありましたらどうぞ


参加ご希望の方は
スタジオかえるのサイトの
「お問い合わせ/ご予約」フォームからご連絡ください。

お待ちしております♪
c0023016_23281482.png

[PR]
by dayathefrog | 2013-03-03 23:35 | 外反母趾対策 | Comments(0)

秋の近況 <まもなく講師初体験+new中敷きのこと>

すっかり天高く食欲の秋。
冷房への警戒心がいつのまにか薄れ、
今度は朝晩の冷え込み対策に関心がシフトしてきました。



c0023016_255881.jpg
実は今
「太極拳とリフレの一日体験講座」というものの
準備にとりかかっています。



●友人のお子さんが通っている高校のPTAの方々対象のものです。私なんぞが、いいのか?ということは、当然最初に思ったけれど・・・先生にも相談し、できる範囲のことでやってみるというのもいい勉強になります。というわけで、導引教室仲間のyuehuaさんにも強力なご協力(←韻(>_<))をお願いして、前向きに取り組むことにいたしました。

人に教えるということで、自分では曖昧だったところをちゃんと判ろうと思えたり、自分で今までに理解してきたことをあらためて整理できたりするようです。まだまだずっと発展途上な身だけれど、これまでに身に付いたものをまとめるという意味でも、やってみる価値のあるイベントと思います。

また、これで私たちがやっている「太極導引」というものに興味を持ってくれる人が現れたらいいなと。足で困ってる人もいたら、解決のお手伝いができるきっかけになるかもしれないし。何がどう働くことになるか、やってみなければわからないですからね。せっかくいただいたこのチャンスを、活かしたいと思います。


c0023016_262394.jpg

ボッシー問題の改善プロジェクトも
たゆまずあきらめずじわじわと進行してます。




●1年ほど前から毎朝毎晩かならずベッドの上でやっている「だらだらごろごろゆるゆる股関節ほぐしこちら参照(擬音がちょっと変わったかな)は本能的に始めたようなものでしたが、実はこれが、足もとがボッシーな人が固めてしまいがちな「内転筋」という股関節内側あたりのスジを集中的にゆるめるのにとても役立っていたらしいことを、最近になって実感しています。

●2か月ほど前に、中敷きを新しいものにしてみました。とあるインソールメーカーのオーダーメードなのですが、今度のは今まで別々に作ってみた「スポーツ用」と「健康靴用」をミックスしたみたいなアプローチ。私の現在の足形に合わせた型取りをするだけではなく、そこに「正しく歩く」という動きのなかで必要な支えを意識したり、今後私の足のこの部分を強化していくのであればここを盛り上げて踏み込みやすく+動きやすくする、というような作り方をしていました。

普段の外履きで履いている健康靴に合わせてもらって作ったのですが、それがたまたま太極拳シューズにもはまったので練習で使ってみたところ、これが快適! 確かにこのインソールにしてから、歩く時の体重の載せ方、足首の力の抜き方、要するに「これが正しい歩き方かも?」と判ってきたことがいろいろあります。

このメーカーでは、作成時に足関節などの調整をしてから型取り、それからアフターサービスでインソールの微調整(+足調整付)もしてくれるので、様子を見ながら実験中です。また、ここの足調整で教えてもらったのですが、ボッシー改善に関連して「ふくらはぎほぐし」もかなり重要なポイントになるようです。これについても日夜実験中。



股関節・ふくらはぎのこと、中敷きのこと
また追々詳細レポート書こうと思います。
[PR]
by dayathefrog | 2008-10-04 02:06 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(12)

足と靴の情報、いっぱい出てきました

ここのところ足の健康関連の情報の、メディアへの登場が増えているみたいです。季節的なものなのか、それとも時代的なものなのか? ひと昔前にはなかなか触れることもできなかった足靴情報、こんなに出てくるようになったのは嬉しいことです。それだけ足や靴で困っている人が増えたってことでもあるかもしれませんが・・・


今日のNHK「ためしてガッテン」※1では足のトラブル(おもに巻爪)と靴選びのことをやったらしい。残念ながらちょうどその時間に外にいて見られなかったけれど、だいたいの内容はガッテンのHPを見て確認しました。先月やはりNHKの朝の番組※2で、以前私も月一回の講座に通ったことのある足専門の整形外科ドクターが出てきたそうで。外反母趾についての説明と、正しい靴選びの情報が提供されたとのこと。

※1 : ためしてガッテン:過去の放送:激痛・転倒の真犯人!足のツメ変形の恐怖
※2 : 2008年6月18日 解決します! 足のトラブル|生活ほっとモーニング


c0023016_212798.jpgリフレクソロジーのお客さんは夏のほうが多い。靴屋さんはこぞってバーゲンに入りました。そういうことも関係あるのかもしれないかな。夏は素足を人目にさらす機会が多いので、今まで隠していたガサガサの踵とか、しょうがないと思ってほっておいたタコをどうにかしなくちゃと思う人も多いのかもしれないです。

c0023016_22597.jpg今日のガッテンでも触れられていたと思うのですけれど、巻爪をはじめタコやウオノメなどのトラブルの数々、足の使い方によって、また、靴がぴったり足に合っていればだんだん治ってしまうこともあるってこと、意外に知られていないようです。外反母趾だって、ほんとにフィットした靴(と、できれば中敷き)を履くことで、まあ、超まっすぐにはならないまでも、ボッシー関連の問題は圧倒的に楽になるわけですし。

汚い足なので人に見せられない!って思う人は、
お手入れして取り除くことだけを考えないで、靴を変えてみるのもオススメですよ。

だいたい、コレを履いたらちょっと硬くなっちゃうんだな、っていう「犯人」の目星はついているものです。そうとわかっていても履いてしまう、そんな抗いがたい魅力のあるヤツなのでしょうね。靴を選ぶ時に「おいでおいで。私をお履き。」って誘ってくるのはワルい子が多いです。私を履けばステキになれるよ。って言っておきながら、いざ寄っていくと "痛い目" に。

見た目で選んでそうなる経験を積まなきゃダメとは言わないけれど、「よくよく考えたらそうだった・・・」という因果関係をアタマだけでなくカラダでもわかっていると、二度とあんな目には遭うまいぞ!と賢く予防できる自分になれるとは思いますけどね。(それでも何度もダマされることだって・・・)

c0023016_235473.jpg誰に対してもワルな子もいますが、ワルではないんだけど自分にとっては合わないヤツというのもいます。靴選びも服選びも、そしてお相手選びもみんな同じ。自分自身をよく知らず(よく見ず)に間違った選択をしてしまうと・・・・イタい目みてしまうでしょうねえ、、、、



んじゃ、自分ってどんなの?ってのは、どうやってわかるの?


・・・っていうのはまた追々書いていってみようと思いますが、まず言えるのは
独断はやめたほうがよいってことでしょう。
いろんな足を見てきている人に、見てもらうのが一番近道じゃないかな。
[PR]
by dayathefrog | 2008-07-03 02:05 | 外反母趾対策 | Comments(6)

春先の近況報告

春一番が吹いた日、頭がずーんと重かった。
もう花粉症の始まり? 
クシャミなどの目立った症状はないのだけど、
やっぱり影響があるみたい。
春の訪れは嬉しいけど、困ったことも訪れる。
春に限ったことではないけどね。

c0023016_921014.jpg
というわけで一年中、なにかしら悩みのタネがそこいらに。少しでも心地よい生活がしたいなあと思いながらのぐうたらであったり、生活雑貨関連のウインドウショッピングであったり、いきなり思い立ってのエクササイズであったり。

この冬には私は今までになく「ヒエヒエ」をなんとかしなくては!という命題に燃え、思いっきりカイロを貼るとか、そこまでやったことないぞというくらい、いや、そこまでやっちゃっちゃいけないんじゃないの?と思っていたくらいのインナー重ね着とか、冷えないための対策をあれこれ次々実践しました。おかげさまで、これまでになく暖かな装備で冬を越すことができたようです。

真剣味というのは、真剣になることが目的ではなくて、真剣にならねばならない環境・状況があってこそ出てくるものなんだな。なんてね。まさに文字のごとく、真剣(本物の剣)を使わなくてはならない状況での勝負と、負けても死なない状況では、やるべきことの内容が違ってくるってことを、この冬の冷え対策プロジェクトを通じて痛感。

なんて何を書いているんだか。

最近私はひょんなことから、靴屋さんでの販売という新しいバイトの機会を得ました。リフレおばさん業と並行です。そしてイラストレーター業ももちろんです。太極導引と(中年入門)中国武術の練習も続けています。ということは、なんだかちょっと忙しくなるとすぐにゴチャゴチャなるのですけれども、どれも、ヒヨヒヨな足(身体)を抱えてきた自分が真剣に身体と向き合った結果、出てきたカタチです。
c0023016_9212918.jpg
いっぱい足を見る機会を得たことで、なるほど!と思うことが沢山あります。なるほど、昔うまく描けなかった「くるぶし」のつくりはこうなっていたのか。とか。なるほど、こういう構造の人がああいう靴を履くのはそもそもムリがある。けれども、どうしてもアレが履きたい!という人のココロというのは侮れないぞ。とか。

いろいろ思ったこと、わかったこと、もっと早くわかっていればと思ったことなどを、これからもつづっていこうと思います。
[PR]
by dayathefrog | 2008-02-26 09:22 | からだ・あたま・こころ | Comments(10)

施術を受けて学ぶこと

リフレクソロジー現場修行7か月め。研究のためにも自身のケアのためにも、もう少し頻繁に自分が施術を受けたいとは思いつつ、なかなか時間がとれないこの頃です。そんな中、先日たまたま用があって出かけた某再開発都市の中にできたサロンに飛び込んでみました。


c0023016_150859.jpg風邪でかなりエネルギー低下気味だったので、ちょっと奮発。「冷え性対策」にブレンドされたオイルというのを使用したトリートメントも付いた、そこでは一番長い(高い)リフレクソロジーコース。そのオイルは自分でも仕事で何回か使ったことがありましたが、自分がやってもらうのは初めて。キャリアオイルにブレンドされたオレンジやジンジャーの精油の香りが心地よく、施術した自分の手がしばらく後までポカポカ。これを足とふくらはぎに使ってもらった日にゃあ、どんなんなるんだろ?と、使うたびに想いをはせていたのです。

そりゃあもう、とろけるような至福の時間♪でありました。そして施術テクニックのみならず、接客内容も。どこがどう、と言うことが難しいのですが。押すでもなく引くでもなく。がっちりつかまれるでもなく、ほっとかれるでもなく。テクニックではなくて人柄なのかもしれませんが、そうかあ、そういうのなんだなあ、、、と大いに参考になりながらも夢うつつにとろけ切り。身体がリフレッシュされたばかりでなく、何か大きな指針を得たような気がした体験でした。

c0023016_1503974.jpg厳しい指導やド根性な教育で躾けられて得るものもあるでしょうが、ひたすら気持ちよくリラックスな環境で、こうやって刷り込まれるこんな教育もアリなんだろうなあ、なんて。ただでさえ師走もまっただ中、なぜかこんな私まで忙しい気持ちになってます。せめて身体と心の芯のほうまではセコセコしないでいきたいもんだ。

施術を受けて学んだことといえば、他にももっともっとあるんだけど。
やっぱりちょっと忙しいので、また今度。(ああ、心を亡くしてる・・?)
[PR]
by dayathefrog | 2007-12-17 15:01 | フットケア | Comments(3)

広い意味でのリハビリ・ケア

私は自分の外反母趾(から来る全身におよぶ弊害)を数年かかってずいぶん改善させることができたのですが、それもこれも、8年前に理学療法の徹底指導があったからこそだと思っています。口頭でチラッと言われたり、イラスト付きガイドや動画などで説明されたとしても、ここまではできなかったかも。やはりこういったリハビリとは、面と向かって、自分がやっている姿をチェックされつつやるほうが、断然よいのだと思います。


2年近く前に腰椎の圧迫骨折で入院・手術をした父ですが、その後は大事なく過ごしています。みためはすっかりステッキのようなシルエットになってしまったけれど、あの人生初の腰痛から始まった大経験から学んだことも多かったようで、どうやら「よけいな力が抜けた人」になったみたい。その抜けっぷりは身体の力という意味でもだけど、何となく性格的にも、おおらかというか、ある意味大胆なところがでてきたような。この変化についてはまた機会をあらたに書こうと思いますが、今回の主題はリハビリについて。
c0023016_1562444.jpg

父がお医者さんから術後のリハビリを処方されたのは、入院していた2週間ほどのあいだだけでした(コチラ参照)。ほぼ毎日、理学療法士さんがベッドまでお迎えに来てくれました。リハビリですから、痛かったり、動かなくなってしまったものを動かせるようにする作業なので、大変なわけです。誰だってできればもっと楽にしていたいです。父の担当は、若くてガッチリ体型ながらも物静かな女性。どこがどう痛いとか動かせないとか、細かいことをのったりまったり喋る父の話をじっくり聴いてくれて、あー、そうなんですかー。痛かったですねー。はい、それじゃ今日も、これやりましょっか。と切り出すタイミングはさすが。なるほどねーと思うこと色々でした。

ですがその後は家で、できればこんな体操、あんな体操、やってください、とお医者さんから口頭で言われるものの、それはもう全く自主性にまかされているわけで、めんどくさいとか、痛いから動きたくない、あるいは言われたことがよくわかんない、覚えてない、なんてことで、あれではたぶん、なかったことになってしまいがちなリハビリ指導かなあ、、、ってのが正直なところ。やはり実際にリハビリを継続するには、そばで正しいやり方を誘導してくれたり、励ましてくれたりする人の存在が大きいと思います。

メチャ混みな病院で、ほらみてごらん、あんたなんかよりずっと大変な人がこんなにいるんだよ、こんなんで痛いなんて言ってたらバチが当たるよ、歩けてるんだからありがたいと思わなきゃ、ってノリでたしなめられて退散してしまうことで、その時点からもっと改善できたかもしれない痛みをそこで諦めてしまうことになる人も、多いんじゃないかなあ・・・。


●広い意味での、みんなのリハビリ

私自身はあの「足の腹筋」(コチラ参照)を教わった理学療法室に通ううち、自分のボッシーを少しでも良くしたい、と初めて本気で思うようになりました。正確にいうと、今より改善させようと思っても良かったのか!というような感じ。いわゆる角度的な"重症"ではなかったために、私のボッシーは「もっとヒドイ人はいっぱいいます」な部類だったのです。それでも、脱臼状態でカックンとなるボッシーであることが原因で引き起こされていた頻繁な重度腰痛や頑固な慢性肩こりなど、困った事は山ほどありました。でもこれって、誰のほうがどれだけヒドイかとかいう比較の問題じゃないと思うのです。
誰だって、良くなっていいはずです。

それまで一度もまともに相手にされてこなかったボッシーとしては、地味で地味で地味すぎる足の腹筋であっても、おお、リハビリだ!前向きだ!という喜びがジワジワと湧いてきたものでした。そんな、傍目にあまり困ってるように見えなくても実はちょっと、あるいはかなり、困ってる人が少しでも元気になれる環境が、もっと整うといいなあと思います。私がフットケア・セラピストとしてやっていきたいと考えるようになったのも、そういう環境の一部に自分がなれればという思いからなのです。
c0023016_156553.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2007-11-16 01:57 | フットケア | Comments(0)

外反母趾対策・サポーター

この春から夏にかけては通常のストレッチのほか、中敷き調整とテーピングにことさらに熱中していた。これに途中から股関節ストレッチも加わり、ああ忙しい。ってほどでもないですが、たしかにテーピングをいちいちやるのは手間も時間も場所もかかる。なんかもっと楽なのないかなあ、と思っていたら、ありました。サポーターというやつ。


●テーピングの手間を惜しみはじめたモノグサボッシー・・・
リフレクソロジーの現場修行・サロン勤務に出かける時などは、ちょっと大変。早朝というほどの時間帯ではないけれどなにかとせわしない出がけの支度。会社勤めから離れて○十年余。しかも学生時代の短期バイトを除いたら、中年まっただ中にして初接客業体験。手早くメイクやらヘアやら整えるなんて技、まったく磨かれてない。とりあえず見た目「失礼にあたらない」程度にすることに気を取られて、つい足下が後回しになりがち。最後に「あ、テーピングやんなきゃ!」とあわてて始めるとえらいこと=遅刻になる。なら最初からちゃんとその時間枠もとって動けばいいんだけど、それがなかなか・・・。

武術の練習じゃあるまいし、テーピングなくってもだいじょぶじゃない?と思ったこともある。でも、実際のサロンでの仕事はかなりの肉体労働。施術中は低い椅子に座り、立ち上がってふくらはぎ持ち上げ、また座り、立ち、しゃがみ、座り、、の繰り返し。立ちっぱなしよりはマシかもしれないが、やはりサポートなしで半日仕事をするのはとっても危険。と、いろんな条件にはさまれてちょっと悩んでいた。
そんなとき、サロンの先輩から耳より情報が。c0023016_148938.jpg


●サポーターに再挑戦
彼女とは勤務後に帰る方向が同じで降車駅も一緒、ついでになんと彼女もりっぱな年季のはいったボッシー(外反母趾)であることもあり、電車のなかでも話すことといったらついつい・・「このサンダルだとわりと平気」「でも腰はどうしてもつらいですよねー」「いっつも五本指靴下だよね」「あ、テーピングもしてるんだ。それいい?」「やっぱいいですよー」などなど。そんなある日、彼女から「こないだ、近所の薬局でいいもん見つけたんだ」・・・と教えてもらったのが、これ。
http://www.kenko.com/product/item/itm_7512775072.html
彼女の近所ということは、私の近所。
外反母趾対策のサポーター、早速買ってみた。
このサイトに出ているのはMサイズだが、細くて薄い足の私はSにしてみた。ついでにもうひとつ、子供用というのも。いろんな足を見ていると、私の足は平均より大分きゃしゃのようなので。c0023016_1502283.jpg


●さあ使ってみるぞ!
着け心地には、実を言うとあまり期待していなかった。というのは、以前似たようなサポーターを買ってはみたものの、締め付けがだんだんきつく感じ、あげくに血行不良でシモヤケも誘発するみたいな気がしてすぐに使うのをやめてしまったことがあったのだ。でもせっかく先輩からのご推薦もあったことだし、近所で買えるし、バカ高くはないし。

というわけで買っておきながらしばらくは、なんとか時間をつくって従来のごとくテーピングしたりして。踏み出すまでにはちょっと間があった。
だが、ついにその日は来た。

つづく。

(もったいつけるつもりではないんだけど、、、なんか長くなりそうなのでとりあえず切ります。結論だけ言いますと、これ、いいです今の私のボッシーレベルだから、というのもありそうですが、使い方次第というのもありそうで。その辺りを次回くわしく述べるつもりです)


・・・と書いておきながらその後まったくほったらかしておりましたが、サポーター・テーピングに関するその後のレポートはこちらをご参照ください→■テーピングその後(2009-07-02)

[PR]
by dayathefrog | 2007-10-19 01:52 | 外反母趾対策 | Comments(12)

やっぱり私は「足」なんだ!

c0023016_2156233.jpg
リフレクソロジーの現場修行が始まって数週間になります。初めてお目にかかる「お客さま」の足を施術することは、想像していた以上に楽しいです。緊張でガチガチ、頭まっしろで順番も覚えてない・・・なんてことには、幸いまったくなりませんでした。むしろ、楽しい! これはちょっと意外なような、でも、どこかで予想もしていたような。
やっぱり私は「足」だから?


学校で勉強している間にも、できるだけたくさんの人に施術をするようにという「宿題」がありました。6ヶ月の間に40回以上。人数の上限規定もありませんが、3人以上の人に対してはできるだけ定期的に6回以上の施術をすること。この数字を多いと見るか妥当と見るか・・・

実際に現場が始まった今となっては、半年で40回というのはやろうと思えばあっという間にできそうに思えます。が、まだ手つきも内容も順番もおぼつかないピヨピヨの新入生にとって、「40回」はけっこうずっしり、のしかかってきたものでした。そして、フタを開けてみると。

6ヶ月弱の時点で提出した「宿題」の記録には、合計63回を数えていました。途中レギュラー・クライアント(複数回お願いしていた人たち)の方々とのスケジュール調整がむずかしい時もありましが、それ以外には、会う人会う人みんなに「ちょっとお願い、足貸して」という具合。イラストの仕事の打ち合わせで来て頂いた方にまで、練習台になっていただいたこともあります。そんなみなさんのご協力のもとに、ちょっとずつ、いろんなことを覚えさせてもらいました。

やればやるほど奥が深く、足のことをもっとわかりたいと思うようになり。自分がずっと苦労してきた「足」だけに、目の前にあるだれかの足にもちょっとでも苦労の形跡が見えようものなら・・・やっぱりほっとけない。そのうち気づいたら、規定の40回はとっくに超えていたのです。

まだまだ修行は始まったばかり。よくわからないことだらけです。ですが、すでに何か大きな手応えを感じていることだけは確か。「足」を選んだことは、間違っていない。
私はやっぱり「足」なんだ。
意味のつながらない文章なのは百も承知、でもこう言い切ってしまいたい心境です。


c0023016_21572733.jpg実はずっと以前、私の過去生は何だったか?みたいなワークショップに出るはめに(笑)なったことがあります。要するに、私の前世はダレだったかというような。私自身、あまりそういうことに興味はなかったのですが、ちょっとした縁があり、ちょっとした体験ごころでの参加でした。そこで私が自分で「見た」(と思った)過去の私は「高地に住むインディオですっごく頑丈な足を持った究極のアスリート(男性)だったのです。そのイメージをとらえた時、おぼろげながらも自分で「これはホントに前世っていうより、自分の潜在意識なんじゃなかろうか?」と思いつつ、自分はホントに「足」にこだわりがあるんだな!と、再発見したのです。

「やっぱり、私は「足」なんだ」・・・
このフレーズはこの時から、ずっと頭に貼り付いているのです。
[PR]
by dayathefrog | 2007-06-17 21:58 | フットケア | Comments(6)

外反母趾対策・テーピング・実態レポート

最新エントリーのこちらもご参照ください:
テーピングその後(2009-07-02)



c0023016_1202565.jpgそもそも2週間ほど前から、骨盤うしろの「ひっかかり」部分がズキズキしたり、腸の調子も悪かったり、と、なんとなく体調不全の日々だったのですけれど、それに加え・・・テーピングについて初めて書いたその直後から、週3〜4日のテープ装着リズムがちょっと変わってしまい、しばらくテープなしの日が続きました。

ほんとはそんな時こそ、テーピングがあったほうがよかったかもしれないんだけど・・・いろいろ事情があってテープをはがす必要がちょこちょこあったのです。で、そのたびにちょこちょこ再貼付をすることもできたわけですが・・・やはり「面倒」アンド「テープ代もったいない」の気持ちに負けてしまいました。

テープなし5日めの昨日、足ユビがふんにゃり。地面をあまり掴めなくなってしまいました。それに応じて、腰・肩・首も固まりがちに。ああ、せっかく外反ボッシー改善企画の成果が評価できるようになったかと思ったのにぃ。3歩すすんで2歩さがってしまったか。いやもしかして、3歩すすんで4歩さがったかも。

c0023016_121586.jpg
でも逆に言うと、テーピングの効果をあらためて実感できるいい機会だったということかもしれない。


やっぱり、やります、面倒でも。しかし、いったいいつまでこれが続くのか?って考えると、ちょっと気が遠くなる。テーピングと、中敷きと、体操と、あれも、これも、、、、もしかしたら、永遠かもしれませんね、
なんせわたくし「天才型ボッシー」なので。

c0023016_1222738.jpgというわけで
反省・落胆とともに、
むりやり建設的にも考えようとした
テーピング実態レポートでした。
[PR]
by dayathefrog | 2007-05-05 01:25 | 外反母趾対策 | Comments(0)

外反母趾対策・テーピング

最新エントリーのこちらもご参照ください:
テーピングその後(2009-07-02)



外反母趾対策の代表的なものとして、テーピングという方法もあります。私はここ5ヶ月ほど、週に3〜4日はやっていますが、なかなかいいです。「外反母趾、テーピング」で検索するといろいろ出てくるので、やり方の説明は省くとして。ここではテーピングをするにあたって・やってみての雑感、本音、のようなものを書いてみます。


■テーピングとの出会い・別れ・そして再開

c0023016_13303329.jpgテーピングは、だいぶ以前、足のお医者さん初体験時に理学療法で教わりました。テープを貼ってもらいながら自分でも練習させられて、何度か自分でもやるようになったのですが、なかなかうまく再現できず。また、その時使っていたテープのノリがきつかったのかすぐかぶれたり、やり方が何かまずかったのか変に痛くなることもあって、すぐにやらなくなってしまいました。

それから7年ほどたった去年の冬、今度はフットケアの講座でやってみたテーピングの感じがよかったので、もう少しちゃんと練習しようと思い、すこし工夫もしながらやってみました。以来数ヶ月、毎週の太極導引&武術の練習日を含む週3〜4日、だいたい欠かさずテーピングをしてみています。前とはテープの種類も違うし、貼り方の細かいコツも教わったおかげか、今はやらないよりはやった時のほうが、やはり調子がいいようです。テープのひっぱり方を加減することでもかぶれが防げるようですし、痛くなることもありません。


■なにがいいのか?

c0023016_13311919.jpgだけど、履き物にこれだけお金も神経も使って、運動もこれだけ念入りにしているのに、この上さらにいちいち切ったり貼ったり剥がしたり、いろいろ細かくて面倒なテーピングも???・・・と、ますます「なんでそこまで・・・」な様相を呈しているように見えることとは思います。が、しかし、このテーピングで足そのもののアーチをゆるくサポートしてもらうことで、ユビや足裏全体の筋トレもやりやすくなるし、全身の疲れかたも少なくなると感じています。靴や中敷きでは支えきれない分を、じんわり助けてもらっている感じがあります。中敷きのはたらきとも同じ、筋力強化の補助になってくれてるようです。


■はっきりいって、めんどうです!

テープ代がかかるのってちょっとやだな、とは思います。私が使っているのは5センチ幅×4メートルの一巻が900円くらいするもの。これで何回分かなあ・・・たしか1回につき60センチくらい、と思うと、7回弱ってところでしょうか。1回分100円以上してますね。

週3〜4日といってももちろん、毎日貼り替えているわけではありません。金銭的なこともあるけど、なんといってもあまりに面倒。剥がれないかぎりは3〜4日くらいなら貼りっぱなしでいいということですが、少し経つと端っこがビロビロ、靴下の繊維がくっついたり等、けっこう汚い感じがすることもあるかも。剥がれてきた部分はハサミでカットするなどしながら、私は基本的には1週間に1セット、という感じでやっています。


■まずはやってみてもらうこと

c0023016_13323217.jpg自分の経験からいっても、まず最初はちゃんとテーピングができる人にやってもらったほうがいいと思います。外反母趾の知識があり、筋肉や骨の構造がわかっていて、できれば、外反ボッシーの痛みとか不便さまでもわかっていてもらえると、テーピングの仕方自体が違ってくるはず。そこで何度かやってもらって、自分でも練習。そのうち微妙なひっぱり具合とか、じつはかなり面倒な、貼ってる最中のテープの裏紙の剥がし方なんかにも慣れてきます。

軽い外反ボッシー気味な人やボッシー初心者・入門者の方々、とくにボッシー進行中の痛みが出ている時などにはこれだけでもちょっと楽になるはず。テーピング未体験の方は、これも一種の足を使った身体によい工作(?)だと思って、一度おためしください。
[PR]
by dayathefrog | 2007-04-28 13:33 | 外反母趾対策 | Comments(7)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51
道端の風景
at 2017-07-14 11:35
高温だけど爽やかな日々
at 2017-06-07 03:26

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧