タグ:歩き方 ( 17 ) タグの人気記事

ばてないわけがないこのあつさ!

c0023016_21451098.jpg

できることなら屋内か日陰でじーっとしていたい猛暑日の連続。
それでも父のデイケア送迎という任務があるのでクルマを出す。
以前は私とっても冷房苦手だから窓を開けるよなんて言ってられたけど
こうも暑くちゃ冷房もつけないにはいかない。
こうも暑くちゃばてないわけがない。
ばてるの前提で行動を見直す。
ものごとを早くこなそうなんて考えちゃいけない。
できるだけタラタラ動くべき。
必要最低限の予定にしておく。
そんな自分はナマケモノなんじゃなくて
冷静に現実に対応しているだけだからね、と
だれにともなく言い訳。
それにしても
私なんかよりはるかに体力がおちている両親
タフなオリンピック選手たちを画面でみながら
なんだか淡々と粛々とやりすごしているように見える。
広島原爆の日と長崎原爆の日も淡々とすごし
これから終戦記念日もすごすのだろう。







[PR]
by dayathefrog | 2016-08-09 21:57 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

さんぽ 2015spring


寒いあいだはやっぱり外にいる時間が少なくなるけれど、
日に日にポカポカしてくるのにつられて、散歩気分がだんだん復活。

最近はそれでも生活要素の諸事情により、
以前ほどのんびりあてもなく歩くというイベントができない。

でもだからこそ、空いた時間や、移動のついでが「そのとき」となる。
時間が有り余りすぎても、ありがたみがなくなるものね。

ていうかんじで、限られた時間のなかでの
ぼちぼち歩き写メ習慣がようやく定着してきました。

c0023016_16254565.jpg
とはいっても、
実際に目で見て「うわ〜(°∀°)!」と思う瞬間と
「パシャリ」の瞬間が
完全に合致することはなかなかなくて、

c0023016_16255321.jpg

かといって
あまり撮影者目線で歩いてしまうと
今度は散歩者目線がおろそかになったり。。。

c0023016_16255087.jpg

ま、それほど深刻になやむわけでもないですけど。


要はココロの感動(と身体のwellness)なのだから〜(⌒‐⌒)




[PR]
by dayathefrog | 2015-03-25 16:27 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

散歩道


「スタジオかえる」活動のほか、健康靴専門店のシューフィッティングアドバイザー、またある時は太極拳おばさんな私ですが、最近は実家へも定期的に通う毎日です。

移動手段に便利なのと、歩くこともちょっと難しくなっている両親のため、長年封印していたクルマの運転を再開。

以前も必要に迫られクルマに乗っていた時期がありましたが、狭いし障害物は多いしと何かとストレスフルな東京のマチを、何もわざわざクルマにしなくても…とどこか気乗りせず、のまま十年ちょっと。

ところがクルマ再開してみると、以前よりもだいぶ運転時のストレスがなくなっていることに驚きました。年月とともにクルマの性能がよくなってるのもある気がするし、もしかしたら年齢をかさねてメンタルも落ち着いたのか…?

で、クルマが増えると今度は歩くことが減ってしまう…と思いきや、実は我が家から駐車場までが徒歩20分+。これがちょうどいい散歩になるんです(夏はちょっとつらいけど)。

そんなこんなで、電車であたふた出かけていた時よりも、道ばたの景色に眼がいくようになりました。紅葉しているんだか若葉なんだかわからないアイビー系のあざやかな色を一枚。

c0023016_00302384.jpeg
















[PR]
by dayathefrog | 2015-01-12 08:15 | 近況・ひとこと・etc. | Comments(0)

急げないこのごろ


急がないゆるゆるウォーキング、などと言っているよゆうがないこの暑さ。急ぎたくとも急げません。一瞬たりとも熱気に身を晒したくない一心で、サングラスに日傘もさしてなお日陰をコソコソ。お肌の老化対策という観点というよりも、完全に「危険から身を守る」の姿勢です。

少々急ぎたくてもまったく急げないこの暑さのもとでのダラダラ具合。でも個人的には急がないウォーキングがすっかり定着しているので、さほどの違和感なし(暑すぎる、ということを除けば)。

しかし夏バテになってしまったような時にも容赦なく「こんなダラダラ生活、いかがなものか!?」と物申しにやってきた "キッチリpanta" はどうやらほぼ完全に姿を消したようです。

キッチリpanta。ストレッチをするときや、仕事中はもちろん、料理の最中にもちょいちょい顔を出していた彼女。なにをするにも「もっと速く!」「もっとたくさん!」と指令を出していたのですが、アレクサンダーテクニークやら太極拳導引やらに馴染むうち、すっかり出番がなくなってしまいました。


彼女がもし今もまだいたら…
この地獄のような暑さのなか、私のココロがもっと地獄になっていたろうなあ。



さて、今日はこれから酷暑のなかの「かえる倶楽部」やってきます!

c0023016_12125659.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2014-08-06 12:13 | からだ・あたま・こころ | Comments(0)

ゆるゆるウォーキングルート


昨年の3月から始めた定期的ワークショップ『足から元気になる講座(かえる倶楽部)』。太極拳導引の練習ともども、いつも杉並区の高井戸地区センターというところでやっています。スタジオかえるからここまでが、最近の私のゆるゆるウォーキングルート。


杉並方面のかたはみなご存知であろうゴミ焼却場の大きな白い煙突のすぐそばがその場所で、荻窪のスタジオかえるからはバスで10〜15分、徒歩でも30〜40分くらいです。この遠すぎず近すぎずのほどよい距離が、最近マイブームの「ゆるゆる歩く」にはもってこい。

敢えてGPSは使わず、おおまかな地図をあたまに入れてあとは「勘」。

私はあまり方向音痴なほうではないので(地図もけっこう読めます)、たいていの場合2〜3回歩けばそれなりに確定ルートができてしまうのですが、このコースに関してはなぜか、何度歩いても不思議にまったく同じコースにはなりません。

南北にびしっと通っているのが環状八号線くらいで、あとはほとんどナナメったり曲がったりしている道ばかりだからか、おまけに途中横切る善福寺川は始終ぐいんぐいん蛇行していてほとんど方角目印のアテにならないからか。

裏道を行こうと思えば何十種類ものルートが考えられるほどに、道がいっぱい(逆にいえば「まっすぐ」には突き抜けにくい)。すなわち、それだけ迷ってしまいやすいともいえる、そんなところがまた魅力なんです。

目印とするには、まず昼間なら太陽がいちばんです。でも天気が悪ければ、ときおり家々の向こうに姿をあらわす白い煙突とか、荻窪方向なら「アメックスビル」が頼りですが、それも建物に埋もれた状況ではむずかしい。

といっても、なんとなくメドはつけやすいというか、あっち方向であることはわかるんだけどまっすぐな道は(環八以外には)ないので、曲がりどころをどうしようか、というような「どちらにしようかな」感があふれているのが醍醐味です。

これもどこか、太極拳導引のゆるゆるさ(のなかでも常に動いて決めて進んで)加減に似ているような・・・(^o^)

c0023016_1383683.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2014-07-06 01:27 | からだ・あたま・こころ | Comments(0)

ふだんも急がないで歩くことを味わう

歩くことについて、つづき。今回は、アレクサンダーテクニックと太極拳導引とマンガをとおしての考察。



散歩というほどのんびりもしていられないふだんの歩きも「急がない」ということで少し意識してみると、歩き方が変わるのを感じています。

もちろん生活のなかでは「早くしなくちゃ!」とか「いけない遅れちゃった!」という場面は多々あるので(^_^;)、それなりに急いだりはしていても、です。

それでも身体はムダに力みだらけの(昔なじみの)急ぎモードにしないようにして、バランスを崩さずに急ぐ。というようなやりかた。

いってみれば今までは、急がなくちゃ!と思って身体がアラートモードに入ったときに、急ぐ気持ちとは裏腹に、身体的には効率的な動きにどこかでブレーキがかかるような結果になっていたということ。

それは「きもちの問題」と深く関わってるようなんです。



ありゃ、たいへんだ!ってとき、いけないいけない、あーどうしよ、すんませんすんません、汗、汗、汗、という<姿勢>として、首まわりに力が入ったり、肩がすくんだり、そして歩くときには股関節まわりもガチガチに…というのではないと、急いでることにならないような気がしていたかなと。

もちろん、ブレーキをかけるなんてつもりはさらさらなく、自分としては「とにかく早くしよう」と思ってのことなんですが。

そのあたりのことを、まてよ、それでは結果として却って早くなってないかも?そしてすごく疲れることになってるかも?…ということに気づくようになったのは、まずはアレクサンダーテクニークでの学習。

身体の感覚として飲み込んで落とし込むまでになったのは、急ぐことと正反対に(おそろしいほどに)ゆっっっっくり動く太極拳導引をやってきてのことが大きいかなと思います。


ただしそこで不思議なのは、「急いでいる」という情景を思い浮かべてマンガを描いてみるときには、昔なじみの、いわゆる<汗、汗、汗>の状態を描くんですね。それってカリカチュア(典型的なものをちょっとオーバーに表す方法)としての表現なんだけど、マンガ状態が擦り込まれてしまってああなっていたのか、それともマンガはやっぱり実態をうまく表しているのか…

そしてマンガにおいては、平然とすんなりサササッとと急げる人のことを、もしかして、仙人とかいうような気もしますし(^o^)…
c0023016_2117192.jpg


ま、とにかく

あんまりマンガ的に自ら演じてしまうことのないよう、多少マンガ的人生でもあったかもな我が身を振り返りつつ、今日もらくちん歩行でも暑かったのでありました・・・(-_-)汗


みなさま、熱中症にくれぐれも気を付けましょう。


おだいじに、ごきげんよう・・・
[PR]
by dayathefrog | 2014-06-01 21:18 | からだ・あたま・こころ | Comments(0)

らくちん散歩で歩くことを味わう


久しぶりの更新です。

あいも変わらず、足から元気になることやら、太極拳導引やら、健康靴を履いてもらったり買ってもらったり、それとだいたい週に一度の割で高齢の両親のところへ行くのがルーティンになっています。

それぞれの用事で日々はどんどん過ぎ、最近はとりたてて「新しく始めたこと」はないのですが、以前ずいぶんやっていたのにしばらくやっていなかったことを、またちょっと始めました。

散歩です。

散歩といっても、用があってバスで行った場所から歩いて帰るとかで、純粋にただブラブラするのではないのですが、いつもの帰り道も、歩くときの意識の持ち方が違うだけでちょっと味わい深くなるんです。

できるだけ楽ちんに、のんびり。

そういえば、以前の散歩はわりと景色や雰囲気重視だったのにくらべ、今の私の意識はもっぱら「身体」にいっているようです。身体がどれだけ楽ちんか。

もちろん、すてきな家並みや草木がワイワイさわさわしている場所は大好きですが、前ほどその内容にはこだわりがなくなったみたいで。これは食べものや着るものに対する執着度合いの変化にも同じことがいえます。気持ちよいことにはそれなりに執着しますが、どうしてもアレが食べたい、コレが着たい、ということがそんなに激しく出てこなくなりました。

ようするに・・・もしかしたら、ただ歳をとった、ということかもですが。まあ、昔の私にくらべての「こだわり減少」なので、なんのこだわりもない人からみたらどうかわかりませんけれど、とにかく身体が気持ちよければどこでもいいんだよな、というふうに基準が変わったということなのでしょう。

以前の私はすぐ身体がつらくなっていましたが、身体が基準でなかったからなんだなあ、自分では全然わかっていなかったけど…ということをつくづく感じます。

身体は心よりも「自分」に正直。
c0023016_18291172.jpg

(もしかしたら、これからもっと、楽になれるのかもな!)
[PR]
by dayathefrog | 2014-05-27 18:30 | からだ・あたま・こころ | Comments(0)

ちいさいウオノメ事件・靴への頼り方の新発見


こともあろうに私の足に、ウオノメが!
紺屋の白袴!
靴屋のスタッフ間でもちょっとウケてしまいました(^_^;)・・・

最近履きだした新しい靴の影響であることは、明らかでした。
でもその靴選びが悪いとはどうしても思えません。
ということは、原因は???


c0023016_154523.jpg


靴と足が合っていないわけではないし、履き方はバッチリ。
となると、やはり原因は「歩き方」なのかな?

ウオノメやタコができるところというのは、過剰な圧迫を受け続ける場所であることが多いです。でも母趾の付け根の真下っていうのは重心が載ってよいはず。というかむしろ、載せるべきところでしょう?・・・とすぐに反論が(自分のなかで)。

でも現実に異常が発生しているということは、重心の載り方(通過の仕方)になにか問題があったのかもしれない。そんな仮定のもと、重心移動のルートを分析しながら、あれこれと実験してみました。このタイミングでこっちに踏み込む、それをやめてみる、その時股関節は? アタマの位置は? などなど。

特に問題を起こさない右足との動きの違いを較べたりして、もう全身がセンサーです。そうこうするうち、どこらへんがどうなっていたのか、わかりました。

今までものすごく愛用して頼り切っていた靴だとウオノメどころかタコも全然できなかったのは、その靴だと重心移動ルートを上手にエスコートしてもらえていたからだということが、この事件を機に判明(そう、私にとってはりっぱな事件!)。

シューフィッティングに従事する者としては、新しい靴のほうが「実力」的には少し劣る、ということは最初からわかっていました。でも完全防水仕様の靴なので、時に便利だし、そろそろこれくらいの実力レベルの靴でも、今の私は大丈夫なんじゃないか?と判断しての購入だったのです。

ふつうの人なら何なく「履きやす〜い!」と思えるようなレベルの靴。でも、健康な足のひとなら何も考えなくてもできる動作が、私のように筋金入りのカックン外反母趾で、部分的に「使えない」場所を抱えてきてしまった身には、ちょっと意識的にやらないとできなかったりします。そんな私にとっては、この靴に適応するのにも、ちょっとした "イニシエーション" が必要だったってことなのだと思います。

あちこちを筋トレで鍛えることもムダではない。でもそこから先、いちばん重要なのは、そうやって育てた筋力をちゃんと「使っていく」ようになれること。日常動作のなかで、筋肉や神経や意識の使い方をじょうずにコーディネートさせていけるようになること。

今回のこの事件、小さな小さなウオノメひとつではありましたが、私にとっては大きな発見でした。自分の歩き方を精査することもできたし、靴への頼りかたを考えなおすことにもなりました。すでに『かえる倶楽部』を立ち上げている身なれど、さらにここでちょっぴりレベルアップ!のいい機会でした。
[PR]
by dayathefrog | 2013-12-26 01:08 | | Comments(0)

雪の日の歩き方


ふだん何気なく歩いているけれど
雪となると途端に
たった歩くだけのことが
なんでか難しくなるのですよねえ。


山歩きはあまり経験がないけれど
山だとか坂だとか岩場だなと思えば
おのずと歩き方が少し慎重になったりします。

このあいだの雪で
靴選びには超慎重な私にしては
ある意味衝動買いに近いくらいの勢いで
雨雪完全にOKなブーツを買いました。

スパイクってほどではないソールですが
そこそこの濡れた路面くらいならかなり楽に歩けて
もちろん甲やスネまわりも完全にカバーされていて
ジャバジャバな状況でもなかなか好調。

ところがちょっと雪が固まっているかな程度の所を
ふだんと同じように(気を抜いたかんじで)歩いていたら
おっ!?っっっと踵が前にすべりそうに。

踵が前にすべるということは
どうやら「ふだん」は
踏み出した足にかかる重心の落ち方が
若干前に向かっているってこと。

ならば太極拳のときのように
しっかりと足裏にのってから重心移動をと
心がけてみると、すべらない。

太極拳歩きでずっと街を歩くのは
よほどの悪天候下ならまだしも
それほどでもなくなったら
見た目的にも速度的にもアレなので(^_^;)…

適度にアレンジ。


とにかく
重心を足裏まで落とすこと。

足裏のなかでもとくに
踵の中心に
真上から。

そういうことだけに集中して
「わわ、すべるかも!」という気持ちとともに
固まりがちな大腿部や股関節界隈をなだめつつ。

すべるまい!という気持ちから
身体中で警戒モードになると
とくに股関節あたりでひっかかりができて
却って重心が下に落ちにくくなるようです。

だんだん発見したのは
「ふだん」の歩きでもまだ少しだけ
股関節に緊張があったようだということ。

これからは雪でなくても
気持ちのなかでの「重心確認ウォーキング」を
もっと習慣づけようと思いました。



いつも靴屋で
「踵の真ん中にのってから、重心を "すべらすように" 移してってください」
なーんて言っている自分。

重心は足裏に落とすというより
「足裏まで通す」という感じであって、
しかも重心の位置は骨盤のあたり。

と、そこまでいちいち説明していては
却って訳がわからなくなったりして
えんえん終わらないし。

現場で面と向かっての表現なので
意味はだいたい通じていることが多いとは思うのですけれど、
より正確に伝わるように
言い方を考えてみなくちゃね。


c0023016_2173536.jpg

[PR]
by dayathefrog | 2013-01-23 08:57 | | Comments(0)

靴に頼りすぎるな・2012(身体に頼ろう)

「靴に頼らない」という概念を初めて意識させられる出来事があったのが2008年の夏※。当時は健康靴専門店で仕事を始めてから半年ほど、きっと私のあたまの中には "靴のチカラ" がものすごく幅をきかせていたんだろうと思います。


靴に頼らないで(動くのは私だ)(2008-09-18)※
靴に頼らないで・その後(靴なしでもダイジョブみたい?)(2009-01-15)
靴に頼らないで(自分に頼れるようになるために)(2009-01-27)
靴に頼らないで(2011版)(2011-06-19)



あれから4年。
お客さんに時々聞かれることがあります。

「こういう靴を履いてさえいれば、
 外反母趾は治っていくんですね?」

「こういう靴ばかり履いていたら、
 自分が弱っていっちゃうってことはないですか?」


靴に頼るという観点からいって、これらはお互い逆の立場からの発想。でもどっちの気持ちも、過去に自分で何度となく覚えがあります。そして今の私がどちら側に対しても言えることは一つ。

どういう靴にどれくらい頼っていいのか、あるいは頼らないようにしたほうがいいのか。それはつまり「自分の力でやってみる」ということの内容や度合いみたいなものなのだけど、それはその人その人の、その時その時の状態によっていろいろだと思うのです。

靴に頼ってばかりいてはダメなことや、少しは靴やインソールの力を信じて頼ったほうがいい部分もある。また、どれくらいのサポート力のある靴やインソールが必要なのか・・・それは実際の足(身体)の今の状態との兼ね合いで常に変わるということで、項目を挙げての説明だけで理解するのはおそらくとても難しいと思います。

そしてその時に判断の基準となるべきは、ヒールの有無や高さ・素材や仕様デザイン云々よりも、「履いてちゃんと歩けるかどうか」ということになるのでは。



ちゃんと歩く

とサラッと言っても、じつはこれとっても難しいこと。いやホントは「ただ自然に身体を運べばいい」ということだったはずの動作なのだけど、すでにどこかにトラブルを抱えた身体にとってはなかなか。。。

ただ自然体で身体を運ぶ術を、取り戻す。
そういうことに労力を費やさなくてはならないというのも皮肉なものですよね。

まだまだ私自身の「歩き方」にも改善の余地ありですが、それでも以前にくらべたら格段によくなりました。だから「できない」というその気持ちもすごくよくわかるし、できるようになった喜びも。そんな過程で知り得たいろいろな知恵をもとに、地道にみなさんの身体とも向き合う日々です。

c0023016_065955.png

[PR]
by dayathefrog | 2012-07-12 00:07 | | Comments(0)


pantaya : 幼少時からカックン外反母趾ほか腰痛コリヒエ虚弱系だった。太極拳やボディワークで身体感覚を磨き足や全身の機能改善に励む。健康靴フィッティングアドバイザー・リフレクソロジスト・指鍼整体師。スタジオかえる主催。


by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

路上にて:トカゲに遭遇
at 2017-08-25 22:37
眺めのいい部屋
at 2017-08-12 11:01
サンキューミドリ(°∀°)!
at 2017-08-02 17:51
道端の風景
at 2017-07-14 11:35
高温だけど爽やかな日々
at 2017-06-07 03:26

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49
その解釈もありですね。で..
by タクサン at 07:44
「コンクール」だったのか..
by dayathefrog at 22:54

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧