ぼくの好きな先生

昨夜だったか、
忌野清志朗の描いた絵がテーマの
テレビ番組を観ました。

ずいぶん前に放映されたのの
再放送だったようです。

私よりひと世代年上で
学生だったころには大ブレイク中。

他校の学園祭のオールナイトに来るというので
行った覚えがあるけど
学内大混雑のうえになんでか結局観ることはできず
どうやって帰ったのかも覚えていないけど
とにかく観られなかった、という記憶が。

私はとくに清志朗のファンだったわけではないけど
そのころバイトしていた喫茶店で
マスターがよくかけていた曲のなかに
「ぼくの好きな先生」も入っていたので
それで存在を知りました。

ほかのどの先生とも違う
自分をだまってあたたかく受け入れてくれる
大好きな美術の先生。

というようなことが
ほのぼのしたメロディーにのって伝わってきて
私自身にもちょっと覚えのある感覚だなと
すごく気になる曲でした。

キヨシ(本名)青年が見つけた居場所。

ちょっと治外法権的な美術室の空気。
ちょっと治外法権的な絵を描く時間。

それも美術部という枠のなかではなく
ひとりで出没、というところがいい。

キヨシ君は美術が得意科目なのに
単位取得にギリギリの出席状況だったため
その救済策として自画像を提出するよう
「ぼくの好きな先生」から言われたことで
せっせと黙々と油絵を描きに通ったんだそうです。

その自画像の顔には目鼻がありません。

それはなぜか?
という話が番組でも少し出ていて
専門家の方からそれなりの解釈をされていました。

私はそののっぺらぼうの理由が
絵を見たとたんにわかる気がしましたが
その専門家の方の見解とはちょっと違いました。

としてもまあ
どちらが正解かという問題でもないからね。

絵は
描く人が夢中で(たぶん自分に)向き合った結果だけど
観る人はそれぞれ観る人なりに
その絵と向き合えばいいんだと思います。

同様に、曲もだな。と。

ちなみに
私がバイトをしていた喫茶店は
いまだに当時と同じ佇まいで営業しています。

あそこも美術室のような場所だったなと
今になって気がつきました。
c0023016_14434947.png

[PR]
by dayathefrog | 2012-05-02 14:44 | 映画・本・スポーツetc. | Comments(11)
Commented by タクサン at 2012-05-02 15:31 x
キヨシローが1951年4月2日生まれで、私は1950年の4月1日生まれ。僕の好きな先生がヒットしたのは1972年のことでした。もちろんその時代ですからフォークソンググに分類されたのですが、なにか違うものを感じさせる曲でした。一言で言えばリズムに乗った言葉で歌っているってことでしょうか。それから「雨上がりの夜空に」まで8年かかったわけですが、あああのときの歌手だってすぐにわかりました。あの声ですからね!今日が命日、もう3年たったんですね。

キヨシロー 美術の先生でググったら、こんなブログにぶち当たりました。
http://enyen.jp/blog/milano/2009/05/001126.html
Commented by ゆみおばさん at 2012-05-03 00:09 x
その番組、私も以前見ましたよ!

清志朗を初めて実際に聴いたのは
井上陽水のコンサートの前座でした。
すでに「ぼくの好きな先生」はヒットしていたのにね。

清志朗がブレイクした時は、日比谷野音やアリーナ、横須賀公会堂と
背中に”清志朗 命”と描いた「竹の子」服の女の子達に混じって
追っかけてました、主人と2人で・・・
清志朗は暗黒舞踏の歌手?みたいな感じがしました。

私は1950年生まれです。
陽水を初めて聴いたのが、大学の文化祭で
大教室に客は10人ほど、
「傘がない」を聞いてジーンときました。
「このひと すごい!!」って思いました。

つい自分の思い出ばかり書いてしまいました。
ごめんなさい
Commented by dayathefrog at 2012-05-03 10:18
タクサン、
生まれ年と誕生日がどちらも「1」違いなんて
不思議な縁がありそうですね。

リズムに乗っていて
ことばがはっきり聴き取れて、しかもあの声。

そして歌詞の内容があんなストレートで
感覚的なものだから
すんなり芯に届くのかな。

美術の先生の息子さんのブログ、拝見しました。
絵を描くお父さんの子どもになったことがないので
(=父が絵を描かない、ということです)
そういうのになってみたいなあ、と
思ったこともあったことを思い出しました。

いろいろ、回想。。。
Commented by dayathefrog at 2012-05-03 10:29
ゆみおばさんも観ましたか!

今回の再放送は深夜だったのに
観てるうちにどんどん眼が冴えてしまいましたよ。

竹の子系に支持されていたんですね(知らなかった)。
あのメークや色彩を考えてみたら、そうかそうか。
そしてあのストレートさだものね。

ことばが芯まで、理屈を経ずに届いてくる感じ
陽水も同じですよね。私も陽水は大好きです。
10人だけで陽水を聴いたなんて、今にしては大贅沢ですね。

私は高校生くらいのとき
陽水のカセットテープをがちゃがちゃと何度も聴きました。

「大歌手」のみなさんが
年齢とともに少し声が出なくなってくるなかで
陽水は今でも声の艶が変わりませんね。

身体の芯から
まだ代謝がおとろえてませんよって感じでしょうか。
見習いたいもんです(^o^)
Commented by はむママ at 2012-05-03 23:17 x
こんばんわ。久しぶりに賑やかですね。(笑)
やっぱり同年代なんですね。
私もその歌覚えています。
♪僕の好きな先生。ぼくのすきなおじさん。(だったけ?)
のんびりとした独特のムードで。
あの頃は、フォーク全盛の時代でしたね。
もろフォークと言う感じで。
後の若人のカリスマ的な時代と対照的ですね。
自画像の事は知りませんでしたが、自分の道が
まだ見えていなかったから、目鼻を描かなかった
のかしら?
Commented by タクサン at 2012-05-04 08:36 x
陽水さんにはキヨシローさんと一緒に作った「帰れない二人」という歌がありましたね。とても懐かしい曲です。これも編曲は星勝さんかな?
http://www.youtube.com/watch?v=0XNcjYwEjrg

「大歌手」の皆さんの声の衰えですか。そういえばタケカワさん酷かったね!
でも、小田和正さんとか泉谷しげるさんとかまったく変わらない人もいる。
声帯も筋肉だから鍛えないとだんだん歌えなくなるのは確かです。
Commented by dayathefrog at 2012-05-04 22:07
はむママさん、同世代でしたか(^d^)

♪ぼくと同じなのさ 職員室がきらいなのさ♪
とかね。ナイーブさ全開。

目鼻のない件についての見解、ほぼそんなところ。

自画像でなくても人物(や生き物)の顔を描くとき
そこでそのキャラクター(内面)が決定されがちなので
自分とまだじっくり向き合い切れない状況だと
なかなか描けないと思うのです。

理想と現実がまだ交錯していて
現実の自分を認められない、とかね。

逆にいうと、自画像を描くという作業を続けるうちに
自分のことをしっかり捉えることができるようになる
とも思うんです。

「先生」がそのことまで意図して
この宿題を出したのかどうかわかりませんが、
でも、そうだったかもね!?

Commented by dayathefrog at 2012-05-04 22:13
タクサン。

「帰れない二人」
なんともロマンチックな切ない曲ですよね〜。
星勝さんって、あの、
鈴木ひろみつさんと組んでた人ではなかったでしたっけ?
(なんかすごい不確かな記憶。ちがったかな。)

タケカワさんの歌は最近聴いていないんですが、そうですか〜。
もともと音程ユレユレ系…?

そうそう、声帯も筋肉ね!
太極拳導引もじっくり続けましょうね!
Commented by dayathefrog at 2012-05-04 22:15
タクサン・続。

「夏の日の少年」だっけ?
(これも題名の記憶がうすい…調べればいいんだけどさ)
あれも大好きです。

「ひまわりもようの飛行機にのり・夏の日にあのこは行ってしまった」
これは別の曲ですがこれも。

Commented by タクサン at 2012-05-05 07:08 x
自画像を書く作業って、精神的にとても大変な作業ですね。突き詰めすぎて向こうの方へ行く人も沢山いる。キヨシローは後年、とても良い自画像を描いているけど、あの日顔の無い自画像を描いたその軽やかさが、僕の好きな先生にも通底している軽やかさかもしれませんね。

その通りです。星勝さんはモップスのメンバー!あの名曲『たどり着いたらいつも雨ふり』も懐かしい!

それから『夏の日の少年』ですが、その曲はちょっと記憶にありません。少年と夏だと『少年時代』が近いイメージだけど⁉

Commented by dayathefrog at 2012-05-05 22:19
タクサン、そうそう『少年時代』。
それから「ひまわりもようの飛行機に乗り」は『ちえちゃん』!



by pantaya_2

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

profile
リンク(準備中)
index_カテゴリ別もくじ
・・・
からだ・あたま・こころ
太極導引・中国武術
外反母趾物語
新・外反母趾物語
外反母趾対策
体操・ストレッチ
映画・本・スポーツetc.
いつものここ
ミドリ
健康グッズ・服装ファッション
フットケア

近況・ひとこと・etc.
カエル

最新の記事

いつものここ、濾過スポット
at 2018-11-23 15:34
ひさびさの都心、ビルのすきま
at 2018-10-30 11:36
ミドリ日記:アロマティカス&..
at 2018-10-23 17:39
ミドリ日記(実家編):月桂樹
at 2018-07-25 17:36
ピンククラウド
at 2018-07-20 18:56

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
more...

リンク

スタジオかえるHP 私pantayaが「足から元気に」をモットーにセッションをしています。毎月の『かえる倶楽部』の情報など随時更新中。

松静自然 -太極拳導引が教えてくれるもの 太極拳導引仲間yuehuaさんのブログ。奥が深いです。

たくカジ!!日記  太極拳導引クラスのダンディな先輩タクサンのブログ。

こころとからだに
Namiki Herb Garden

ハーブのサイト。こころとからだにやさしくて美味しいお茶や基礎化粧品も買えます。

朋昌会 10年以上続けている太極拳導引の会。主に高井戸で毎週土曜日の朝、中医師でもある陳老師から教わっています。常時会員募集中。

ねむの木便り ~新宿御苑より愛をこめて~ リフレクソロジーとアロママッサージのお店「ねむの木」のtake。さんのブログ。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)玉川学園教室/千石教室
アレクサンダーテクニーク教師ゆりこさんのサイト。

あれもやりたいこれもやりたい 大泉学園にある「てあて整体院」院長・あら木先生のブログ。ダンス歴28年。アレクサンダーテクニーク教師でもあります。

全国手作り布ぞうりの会 私が草履にはまるきっかけとなった"はまやん"師匠のサイト。

アスケル東京 インソールの専門店。私はずっと愛用中。作成後もインソールだけでなく足のバランス調整もして下さいます。アスケルクラブニュースでいろんな情報も見られます。

駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ

パーソナルトレーナー望月ゆうきのおすすめストレッチカエルも登場します。HPもあります。(現在休止中)

pantaya_sketch/memo
pantayaのスケッチブログ。


■スパム的TBが多いため、トラックバック機能はoffにさせていただいています。ご了承ください。

ブログパーツ

お気に入りブログ

pantaya_sket...
ふたたびぽっちり日記
SOMETHING ELSE
voici voila
linetherapy
ココロとカラダの学びの場

タグ

最新のコメント

> 朔子さん 同じよう..
by dayathefrog at 15:04
とてもとても有難い記事で..
by 朔子 at 11:02
タクサン、そうなんだ!会..
by dayathefrog at 21:56
「久米宏ラジオなんですけ..
by タクサン at 18:37
mitsumameさんは..
by dayathefrog at 23:00
新しいMacいいですね。..
by mitsumame333 at 11:33
Airではないほうの13..
by dayathefrog at 09:28
MacBook Proの..
by タクサン at 07:49

検索

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧